テーマ別
ドロー守備力0攻撃力0
魔法使い族

遊戯王 ウィッチクラフト 一覧

スポンサーリンク
この記事は約14分で読めます。

ウィッチクラフト

このカードについて紹介していきます。

スポンサーリンク

モンスター

モンスター エクストラ
魔法 

ウィッチクラフト・ジェニー

★1 風属性 魔法使い族
攻撃力300 守備力500

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分・相手のメインフェイズに、このカードをリリースし、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。デッキから「ウィッチクラフト・ジェニー」以外の「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。
  • ②:自分の墓地からこのカードと「ウィッチクラフト」魔法カード1枚を除外して発動できる。この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。

「ポトリー」と違い、モンスター効果で魔法カードの効果を使えるので同じ効果を2度使用することができます。

ウィッチクラフト・ポトリー

★2 地属性 魔法使い族
攻撃力0 守備力2000

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分・相手のメインフェイズに、このカードをリリースし、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。デッキから「ウィッチクラフト・ポトリー」以外の「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。
  • ②:自分の手札が0枚の場合、墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「ウィッチクラフト」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

墓地のウィッチクラフトを回収する効果ですが魔法はエンドフェイズで回収できますし、回収したカードが既に使用している場合には次のターンに回すため展開力向上には向かない。

ウィッチクラフト・ピットレ

★3 水属性 魔法使い族
攻撃力1000 守備力1500

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分・相手のメインフェイズに、このカードをリリースし、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。デッキから「ウィッチクラフト・ピットレ」以外の「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。
  • ②:墓地のこのカードを除外して発動できる。自分はデッキから1枚ドローし、その後手札から「ウィッチクラフト」カード1枚を選んで墓地へ送る。手札に「ウィッチクラフト」カードが無い場合、手札を全て除外する。
手札に来てしまった「ヴェール」「ハイネ」を墓地に送るのに使える。
 

ウィッチクラフト・シュミッタ

★4 炎属性 魔法使い族
攻撃力1800 守備力600

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分・相手のメインフェイズに、このカードをリリースし、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。デッキから「ウィッチクラフト・シュミッタ」以外の「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。
  • ②:墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「ウィッチクラフト・シュミッタ」以外の「ウィッチクラフト」カード1枚を墓地へ送る。

墓地にウィッチクラフトを置くことによって展開力をあげる、特にモンスターは墓地、デッキにいてくれる方が回しやすいので、手札の状況を見て「ヴェール」や「ハイネ」を落とすのもあり。

ウィッチクラフト・エーデル

★5 光属性 魔法使い族
攻撃力2000 守備力2300

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。手札から「ウィッチクラフト・エーデル」以外の「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。
  • ②:このカードをリリースし、自分の墓地の「ウィッチクラフト・エーデル」以外の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

「ウィッチクラフト」とは別の魔法使い族を手札から特殊召喚できるため、汎用魔法使い族を採用する場合や手札に来てしまった「ヴェール」や「ハイネ」を特殊召喚できることを考え、採用を検討したい。

魔法使い族デッキなら出張することも可能、属性、種族ともサポートカードが多く幅広い活躍が見込めます。

ウィッチクラフト・ハイネ

★7 闇属性 魔法使い族
攻撃力2400 守備力1000

  • このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの他の魔法使い族モンスターは相手の効果の対象にならない。
  • ②:手札から魔法カード1枚を捨て、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。

「ヴェール」より先に出すことで勝利に結びつく安定感を出します。

ウィッチクラフトマスター・ヴェール

★8 光属性 魔法使い族
攻撃力1000 守備力2800

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分の魔法使い族モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。手札からカード名が異なる魔法カードを任意の数だけ相手に見せ、その自分のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、見せた数×1000アップする。
  • ②:手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
  • この効果は相手ターンでも発動できる。

ウィッチクラフトの必須カードかつフィニッシャーです。このカードを出すために回しているところはあると思います。

ウィッチクラフトゴーレム・アルル

★8 光属性 魔法使い族
攻撃力2800 守備力0

  • このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードが手札に存在し、自分フィールドの魔法使い族モンスターが相手の効果の対象になった時、または相手モンスターの攻撃対象に選択された時、相手フィールドのカード1枚または自分の墓地の「ウィッチクラフト」魔法カード1枚を対象として発動できる。このカードを特殊召喚し、そのカードを持ち主の手札に戻す。
  • ②:相手スタンバイフェイズに発動する。このカードを持ち主の手札に戻す。

必須ではないですが、魔法使い族が対象、戦闘する時なので使いやすく他の魔法使い族デッキでも活躍できると思います。

ウィッチクラフトに入れる場合は、他の魔法使い族を採用することを推奨します。

ウィッチクラフトは効果を発動して、デッキから特殊召喚するため「灰流うらら」に弱く、使われた後は自然とガラ空きになります。そのため「灰流うらら」に対応しつつウィッチクラフトに相性のいい魔法使い族を構えておけば「ウィッチクラフトゴーレム・アルル」の効果を発揮できます。

スポンサーリンク

魔法

モンスター エクストラ
魔法 

ウィッチクラフト・クリエイション

通常魔法

  • このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
  • ①:デッキから「ウィッチクラフト」モンスター1体を手札に加える。
  • ②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。

「ピットレ」「シュミッタ」をサーチするのに使うと思われ、確実に★4以下のモンスターを手札に加えるためにも多く採用したいが、再利用が可能なため採用枚数には検討が必要です。

ウィッチクラフト・サボタージュ

通常魔法

  • このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
  • ①:自分の墓地の「ウィッチクラフト」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
  • ②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。

他に「死者蘇生」「ソウルチャージ」を入れる場合には採用枚数検討。

ウィッチクラフト・コラボレーション

通常魔法

  • このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
  • ①:自分フィールドの「ウィッチクラフト」モンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃でき、そのモンスターが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
  • ②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。

「ヴェール」がいる状態で使えばそのまま勝利できるカード、再利用が可能なことと、使うタイミングが限られているため、採用枚数は少なめでよい。

ウィッチクラフト・ドレーピング

速攻魔法

  • このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
  • ①:自分フィールドの「ウィッチクラフト」モンスターの数まで相手フィールドの魔法・罠カードを対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。
  • ②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。

「サイクロン」「神の宣告」に比べると使えるタイミングが少なく2枚でも多いかもしれないです。

ウィッチクラフト・バイストリート

永続魔法

  • このカード名の②③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
  • ①:自分フィールドの「ウィッチクラフト」モンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ戦闘・効果では破壊されない。
  • ②:自分フィールドの「ウィッチクラフト」モンスターが効果を発動するために手札を捨てる場合、代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。
  • ③:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

「ブラックホール」で相手のモンスターだけを破壊して、ダイレクトアタックを決めましょう。

ウィッチクラフト・スクロール

永続魔法

  • このカード名の②③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
  • ①:1ターンに1度、自分の魔法使い族モンスターが戦闘でモンスターを破壊した時に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
  • ②:自分フィールドの「ウィッチクラフト」モンスターが効果を発動するために手札を捨てる場合、代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。
  • ③:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

魔法使い族が戦闘でモンスタ-を破壊することが前提ですが、3枚張ってあれば3枚ドローすることもでき、ターン制限がないのでうまくいけば大量にドローできます。

ウィッチクラフト・デモンストレーション

速攻魔法

  • このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
  • ①:手札から「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。
  • この効果で特殊召喚したターン、自分の魔法使い族モンスターの効果の発動に対して相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
  • ②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。

「ハイネ」「ヴェール」を特殊召喚しつつ「ウィッチクラフト」の特殊召喚する効果を邪魔される心配がなくなります。

スポンサーリンク

モンスター エクストラ
魔法 

ウィッチクラフト・マスターピース

通常罠

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分または相手の墓地の魔法カード1枚を対象として発動できる。そのカードの同名カード1枚を自分のデッキから手札に加える。
  • ②:自分の墓地から、このカードと魔法カードを任意の数だけ除外して発動できる。除外した魔法カードの数と同じレベルの「ウィッチクラフト」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
  • この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

ウィッチクラフトがフィールドにいるときに相手、自分の墓地に存在する魔法カードと同名カードをサーチできます。相手が既に「ブラックホール」や「ハーピィの羽箒」などを使用している場合、サーチ可能。

相手ターンに除外して「ヴェール」「ハイネ」を出して牽制したり、自分のターンに除外して「ポトリー」を出して「ヴェール」「ハイネ」を出すなど工夫ができます。

永続罠

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをデッキに戻し、デッキから「ウィッチクラフト」魔法カード1枚を手札に加える。
  • ②:墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の「ウィッチクラフト」魔法カードを任意の数だけ対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのカードを手札に加える。
  • この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

除外された「ウィッチクラフト」モンスターを再利用するためのカードでデッキを圧迫していましたが、他に除外されていることにメリットのあるカードを採用しないようであれば、このカードで対応できます。

まとめ

ウィッチクラフトは「ヴェール」「ハイネ」がフィールドに揃ったら、魔法カードで牽制しながら気づいたら勝ってるくらいの気持ち、この2体が揃うまでがきつく、そもそも上級モンスターがフィールドに出ないと勝ち目がない印象。

基本的には「ヴェール」「ハイネ」を手早く揃えられるかどうかだと思います。

更新は遅れますが、ここに含まれていないものがありましたら、修正しますのでコメントお願いします。

リンク先など間違っていたり、エラーが出るようでしたらこちらにコメントお願いします。

とくにアマゾン・楽天のリンク先にカードの表示がないようであれば、修正しますのでこちらにコメントお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました