※お願い

サイト名を「遊戯極」に変更しました。
ブックマークお願いします。
現在、サイト名を変更しましたが「のどかさんち」でもヒットします。
「遊戯極」でもヒットできますがブックマークをよろしくお願いします。
リンク先が間違っている場合もありますので、コメントよろしくお願します。
モバイル版では見づらい場合もありますので、PC版に設定して閲覧することもおすすめします。

レガシー技

遊戯王 ウィッチクラフト 考察

この記事は約11分で読めます。

ウィッチクラフト

このテーマについて考察していきます。

★4以下のモンスター効果には、自分をリリース、手札の魔法を捨てることで、デッキから別名のウィッチクラフトモンスターを特殊召喚する効果と墓地のこのカードを除外することで発動する効果の2つの共通効果があります。

墓地へいった魔法カードには、フィールドにウィッチクラフトモンスターがいれば自分エンドフェイズ時に、手札またはフィールドに戻す共通効果があります。

魔法カードには共通して、フィールド効果と墓地効果、いずれか1ターンに1度しか使用できません。
スポンサーリンク

インフィニティ・チェイサーズ

デッキビルドパック インフィニティ・チェイサーズに初収録されたテーマです。現在のところこのパックを買えば必須カードが揃います。

ウィッチクラフトマスター・ヴェール(必須)

★8 光属性 魔法使い族 攻撃力1000 守備力2800

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分の魔法使い族モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。手札からカード名が異なる魔法カードを任意の数だけ相手に見せ、その自分のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、見せた数×1000アップする。
  • ②:手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる。

ウィッチクラフトの必須カードかつフィニッシャーです。このカードを出すために回しているところはあると思います。

魔法使い族デッキなら出張することも可能、属性、種族ともサポートカードが多く幅広い活躍が見込めます。

ウィッチクラフトデッキ採用枚数1~2枚

ウィッチクラフト・ハイネ(必須)

★7 闇属性 魔法使い族 攻撃力2400 守備力1000

  • このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの他の魔法使い族モンスターは相手の効果の対象にならない。
  • ②:手札から魔法カード1枚を捨て、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。

ウィッチクラフトの必須カード、「ヴェール」より先に出すことで勝利に結びつく安定感を出します。

魔法使い族デッキなら出張することも可能、属性、種族ともサポートカードが多く幅広い活躍が見込めます。

ウィッチクラフトデッキ採用枚数2~3枚

ウィッチクラフト・エーデル

★5 光属性 魔法使い族 攻撃力2000 守備力2300

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。手札から「ウィッチクラフト・エーデル」以外の「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。
  • ②:このカードをリリースし、自分の墓地の「ウィッチクラフト・エーデル」以外の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

ウィッチクラフトとは別の魔法使い族を手札から特殊召喚できるため、汎用魔法使い族を採用する場合や手札に来てしまった「ヴェール」や「ハイネ」を特殊召喚できることを考え、採用を検討したい。

魔法使い族デッキなら出張することも可能、属性、種族ともサポートカードが多く幅広い活躍が見込めます。

ウィッチクラフトデッキ採用枚数1~2枚

ウィッチクラフト・ポトリー

★2 地属性 魔法使い族 攻撃力0 守備力2000

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分・相手のメインフェイズに、このカードをリリースし、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。デッキから「ウィッチクラフト・ポトリー」以外の「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。
  • ②:自分の手札が0枚の場合、墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「ウィッチクラフト」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

効果が特に期待できないカード、墓地のウィッチクラフトを回収する効果ですが魔法はエンドフェイズで回収できますし、回収したカードが既に使用している場合には次のターンに回すため展開力向上には向かない。

モンスターも★4以下は基本除外されているだろうし、★5以上を手札に置く必要がないことを考えると採用率は低い方なのですが、★4以下のモンスターが現在3種類しかいないことから採用することを強いられています。

ウィッチクラフトデッキ採用枚数2~3枚

ウィッチクラフト・シュミッタ(必須)

★4 炎属性 魔法使い族 攻撃力1800 守備力600

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分・相手のメインフェイズに、このカードをリリースし、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。デッキから「ウィッチクラフト・シュミッタ」以外の「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。
  • ②:墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「ウィッチクラフト・シュミッタ」以外の「ウィッチクラフト」カード1枚を墓地へ送る。

ウィッチクラフト必須カード、墓地にウィッチクラフトを置くことによって展開力をあげる、特にモンスターは墓地、デッキにいてくれる方が回しやすいので、手札の状況を見て「ヴェール」や「ハイネ」を落とすのもあり。

★4のためサポートカードも多く、このカードを出すことがキーとなっていると考えます。

ウィッチクラフトデッキ採用枚数3枚

ウィッチクラフト・ピットレ

★3 水属性 魔法使い族 攻撃力1000 守備力1500

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分・相手のメインフェイズに、このカードをリリースし、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。デッキから「ウィッチクラフト・ピットレ」以外の「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。
  • ②:墓地のこのカードを除外して発動できる。自分はデッキから1枚ドローし、その後手札から「ウィッチクラフト」カード1枚を選んで墓地へ送る。手札に「ウィッチクラフト」カードが無い場合、手札を全て除外する。
ウィッチクラフト必須カード、手札に来てしまった「ヴェール」、「ハイネ」を墓地に送るのに使える。
後半になると魔法カードがダブったり、トリップったりすると思うので、使い道多々。
ウィッチクラフトデッキ採用枚数3枚

ウィッチクラフト・クリエイション(必須)

通常魔法

  • このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
  • ①:デッキから「ウィッチクラフト」モンスター1体を手札に加える。
  • ②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。

ウィッチクラフトに必須カード、多くは「ピットレ」、「シュミッタ」をサーチするのに使うと思われ、確実に★4以下のモンスターを手札に加えるためにも多く採用したいが、再利用が可能なため採用枚数には検討が必要だ。

ウィッチクラフトデッキ採用枚数2~3枚

ウィッチクラフト・サボタージュ

通常魔法

  • このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
  • ①:自分の墓地の「ウィッチクラフト」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
  • ②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。

ウィッチクラフト必須カード、他に「死者蘇生」や「ソウルチャージ」を入れる場合には採用枚数検討。

ウィッチクラフトデッキ採用枚数2~3枚

ウィッチクラフト・コラボレーション

通常魔法

  • このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
  • ①:自分フィールドの「ウィッチクラフト」モンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃でき、そのモンスターが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
  • ②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。

「ヴェール」がいる状態で使えばそのまま勝利できるカード、再利用が可能なことと、使うタイミングが限られているため、採用枚数は少なめでよい。

ウィッチクラフトデッキ採用枚数0~1枚

ウィッチクラフト・ドレーピング

速攻魔法

  • このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
  • ①:自分フィールドの「ウィッチクラフト」モンスターの数まで相手フィールドの魔法・罠カードを対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。
  • ②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。

再利用が可能なことと、使うタイミングが限られているため、採用枚数は少なめでよい。

ウィッチクラフトデッキ採用枚数0~1枚

ウィッチクラフト・バイストリート

永続魔法

  • このカード名の②③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
  • ①:自分フィールドの「ウィッチクラフト」モンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ戦闘・効果では破壊されない。
  • ②:自分フィールドの「ウィッチクラフト」モンスターが効果を発動するために手札を捨てる場合、代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。
  • ③:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

「ブラックホール」で相手のモンスターだけを破壊して、全員で攻撃なんてことも可能。

このカードは2枚も3枚もあっても邪魔なので採用枚数は少なめでよい。

ウィッチクラフトデッキ採用枚数1~2枚

ウィッチクラフト・スクロール

永続魔法

  • このカード名の②③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
  • ①:1ターンに1度、自分の魔法使い族モンスターが戦闘でモンスターを破壊した時に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
  • ②:自分フィールドの「ウィッチクラフト」モンスターが効果を発動するために手札を捨てる場合、代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。
  • ③:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

魔法使い族が戦闘でモンスタ-を破壊することが前提だが、3枚張ってあれば3枚ドローすることもできる。条件がきついためこのカードを3枚採用するよりも、モンスターを召喚するためにドローソース、サーチソースを多く入れた方がいいため、採用枚数は少なめでよい。

ウィッチクラフトデッキ採用枚数1~2枚

ウィッチクラフト・マスターピース

通常罠

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分または相手の墓地の魔法カード1枚を対象として発動できる。そのカードの同名カード1枚を自分のデッキから手札に加える。
  • ②:自分の墓地から、このカードと魔法カードを任意の数だけ除外して発動できる。除外した魔法カードの数と同じレベルの「ウィッチクラフト」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

ウィッチクラフトがフィールドにいるときに相手、自分の墓地に存在する魔法カードと同名カードをサーチできます。相手が既に「ブラックホール」や「ハーピィの羽箒」などを使用している場合、サーチ可能。

相手ターンに除外して「ヴェール」、「ハイネ」を出して牽制したり、自分のターンに除外して「ポトリー」を出して「ヴェール」、「ハイネ」を出すなど工夫ができます。

魔法カードと違い遅いため、多くの採用を控えるべき(デッキと相談)

ウィッチクラフトデッキ採用枚数1~3枚

スポンサーリンク

RISING RAMPAGEライジング・ランペイジ

このパックで1枚だけウィッチクラフトのカードが追加されました。

ウィッチクラフトゴーレム・アルル

★8 光属性 魔法使い族 攻撃力2800 守備力0

  • このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードが手札に存在し、自分フィールドの魔法使い族モンスターが相手の効果の対象になった時、または相手モンスターの攻撃対象に選択された時、相手フィールドのカード1枚または自分の墓地の「ウィッチクラフト」魔法カード1枚を対象として発動できる。このカードを特殊召喚し、そのカードを持ち主の手札に戻す。
  • ②:相手スタンバイフェイズに発動する。このカードを持ち主の手札に戻す。

必須ではないですが、魔法使い族が対象、戦闘する時なので使いやすく他の魔法使い族デッキでも活躍できると思います。

ウィッチクラフトに入れる場合は、他の魔法使い族を採用することを推奨します。

ウィッチクラフトは効果を発動して、デッキから特殊召喚するため「灰流うらら」に弱く、使われた後は自然とガラ空きになります。そのため、「灰流うらら」に対応しつつウィッチクラフトに相性のいい魔法使い族を構えておけば、「ウィッチクラフトゴーレム・アルル」の効果を発揮できるのです。

ウィッチクラフトデッキ採用枚数1~2枚

ウィッチクラフト 相性カード
ウィッチクラフトデッキウィッチクラフトのカードだけでは、デッキを作ることはできません。そこでウィッチクラフトに相性がいいと思われるカードをご紹介します。モンスターカード魔法使い族かつ特殊召喚を促したり、魔法カードに恩恵を与えるカードがいいと思います。召喚僧サモンプリ—スト★4 闇属性 魔法使い族 攻撃力800 守備力1600 ①:このカードが召喚・反転召喚に成功した場合に発動する。このカードを守備表示にする。 ②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードはリリースできない。 ③:1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。デッキからレベル4モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。魔法カードを多く採用する傾向があり、「シュミッタ」や「サモンプリースト」を特殊召喚することで展開が可能、連続で使うことで2~4リンクモンスター、ランク4エクシーズモンスターを特殊召喚することができます。「灰流うらら」を使われた場合もウィッチクラフトと違い、このカードがフィールドから離れることがないの...

まとめ

ウィッチクラフトは「ヴェール」と「ハイネ」がフィールドに揃ったら、魔法カードで牽制しながら気づいたら勝ってるくらいの気持ち、この2体が揃うまでがきつく、そもそも上級モンスターがフィールドに出ないと勝ち目がない印象。

先攻を取って、安全にフィールドを整えていくか、後攻で一気に攻めるかコンセプトのよってデッキ編成がかなり変わってくると思います。

もう少し種類が増えれば、いいとこまで行けると思いますが出張パーツとして「ヴェール」、「ハイネ」、「ポトリー」を魔法使いデッキに混ぜた方が有効かもしれません。

せめて★1のウィッチクラフトがでれば、それだけで勝率が大幅に変わるのでは?

エクストラデッキはかなり検討中、手札が悪かった時の壁になってくれるのが前提かとエクストラモンスターをフィニッシャーにすることは難しいと思います。

現在決まっているのは、簡易融合を入れ「サウザンド・アイズ・サクリファイス」、「ミレニアム・アイズ・サクリファイス」、「サクリファイス・アニマ」。

「エルシャドール・ミドラーシュ」を出し、超融合で「エルシャドール・ネフィリム」や「エルシャドール・シェキナーガ」も出せますし、「魔導原典 クロウリー」なども検討中。

「デビルフランケン」を入れることによって、リンク2モンスター、ランク2エクシーズモンスターも採用可能、「ナチュル・エクストリオ」も採用。

「超融合」を採用することで、相手フィールドだけでも融合することが可能なため、対応融合モンスターも採用できる。

基本的には「ヴェール」と「ハイネ」を手早く揃えられるかどうかだと思いますので、メインデッキを試行錯誤していきます。

ウィッチクラフト デッキ作成
ウィッチクラフトデッキ私なりにウィッチクラフトデッキを作成しました。私は「モンスターゲート」、「名推理」の相性の良さからこの2枚を軸にデッキを作成します。また純粋にウィッチクラフトのデッキコンセプトのままのデッキも考えましたので、参考にして

コメント

カテゴリー

1ヶ月無料登録
1ヶ月無料登録
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました