テーマ別
闇属性
リンク
カウンターチューナーリクルート守備力0攻撃力0
ドラゴン族

遊戯王 ヴァレット 一覧

スポンサーリンク
この記事は約17分で読めます。

ヴァレット

このカードについて紹介していきます。

スポンサーリンク

モンスター

モンスター エクストラ
魔法  サポート ヴァレル

アネスヴァレット・ドラゴン

★1 闇属性 ドラゴン族
攻撃力0 守備力2200

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。
  • その後、フィールドの表側表示モンスター1体を選ぶ。そのモンスターは攻撃できず、効果は無効化される。
  • ②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「アネスヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

戦闘・効果で破壊されたあと、状況に応じて必要な「ヴァレット」モンスターを特殊召喚して次のターンに臨めます。

ヴァレット・シンクロン

★1 闇属性 ドラゴン族
攻撃力0 守備力0 チューナー

  • ①:このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル5以上のドラゴン族・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
  • この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。
  • この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

★5以上のドラゴン族・闇属性モンスターは130種類ほどあります。(※2021年7月)

シェルヴァレット・ドラゴン

★2 闇属性 ドラゴン族
攻撃力1100 守備力2000

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。
  • その後、このカードが存在していたゾーンと同じ縦列のモンスター1体を選んで破壊し、その隣のゾーンにモンスターが存在する場合、それらも破壊する。
  • ②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「シェルヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

相手がリンクデッキの場合、モンスターがまとまりやすいので多数のモンスターを破壊しやすいと思います。

オートヴァレット・ドラゴン

★3 闇属性 ドラゴン族
攻撃力1600 守備力1000

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。
  • その後、フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで墓地へ送る。
  • ②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「オートヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

効果によって破壊されると効果を発動するカードを除去できます。

ヴァレット・キャリバー

★4 闇属性 ドラゴン族
攻撃力1700 守備力100 チューナー

  • このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードは闇属性リンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに手札から特殊召喚できる。
  • ②:このカードをリリースして発動できる。手札から「ヴァレット・キャリバー」以外のドラゴン族・機械族の闇属性モンスター1体を特殊召喚する。

ドラゴン族、機械族・闇属性デッキで採用可能。

他デッキでの上級モンスターの特殊召喚するのに採用できます。

ヴァレット・トレーサー

★4 闇属性 ドラゴン族
攻撃力1600 守備力1000 チューナー

  • このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、デッキから「ヴァレット・トレーサー」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。
  • この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
  • この効果は相手ターンでも発動できる。

フィールドで破壊されることで効果を発動するカードを破壊の対象にしましょう。

ヴァレット・リチャージャー

★4 闇属性 ドラゴン族
攻撃力0 守備力2100

  • このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:EXデッキから特殊召喚された自分フィールドの闇属性モンスターが戦闘・効果で破壊された場合、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、破壊されたそのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターとは元々のカード名が異なる闇属性モンスター1体を自分の墓地から選んで特殊召喚する。
  • ②:EXデッキから特殊召喚された闇属性モンスターが自分フィールドに存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。

闇属性デッキで採用可能。

闇属性デッキでの墓地蘇生に扱いやすく、★の指定がないので特殊召喚モンスター以外の蘇生ができます。

シルバーヴァレット・ドラゴン

★4 闇属性 ドラゴン族
攻撃力1900 守備力100

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。
  • その後、相手のEXデッキを確認し、その内の1枚を選んで除外する。
  • ②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「シルバーヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

相手のエクストラデッキを確認しつつ、制限カードなどキーカードを優先的に除外しましょう。

マグナヴァレット・ドラゴン

★4 闇属性 ドラゴン族
攻撃力1800 守備力1200

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。
  • その後、フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る。
  • ②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「マグナヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

戦闘破壊、効果破壊によって効果を発動するモンスターに対して有効なモンスターです。

メタルヴァレット・ドラゴン

★4 闇属性 ドラゴン族
攻撃力1700 守備力1400

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。
  • その後、このカードが存在していたゾーンと同じ縦列の相手のカードを全て破壊する。
  • ②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「メタルヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

相手ターンに破壊されることで「ヴァレット・キャリバー」を特殊召喚後、効果で上級モンスターを特殊召喚できます。

エクスプロードヴァレット・ドラゴン

★7 闇属性 ドラゴン族
攻撃力2000 守備力2000

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。
  • その後、お互いに2000ダメージを受ける。
  • ②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「エクスプロードヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

相打ちやとどめの際に用いれます。

スポンサーリンク

エクストラ

モンスター エクストラ
魔法  サポート ヴァレル

ストライカー・ドラゴン

リンク1 闇属性 ドラゴン族
攻撃力1000 ←

  • レベル4以下のドラゴン族モンスター1体
  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「リボルブート・セクター」1枚を手札に加える。
  • ②:自分フィールドの表側表示モンスター1体と自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。対象のフィールドのモンスターを破壊し、対象の墓地のモンスターを手札に加える。

「ヴァレット」デッキでなくても、リンクモンスターを対象にするカードを採用する際にドラゴン族デッキで採用できます。

デリンジャラス・ドラゴン

リンク2 闇属性 ドラゴン族
攻撃力1600 ↑ ↓

  • ドラゴン族・闇属性モンスター2体
  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:相手エンドフェイズに、このターン攻撃宣言をしていない相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
  • ②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ヴァレット」モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。
  • この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

「暗黒の扉」を使うことで、相手の攻撃を防げます。

ブースター・ドラゴン

リンク2 闇属性 ドラゴン族
攻撃力1900 ↙ ↘

  • 「ヴァレット」モンスター2体
  • このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:1ターンに1度、このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
  • この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
  • ②:リンク召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、このカード以外の自分の墓地のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

攻撃力・守備力アップは永続効果なので、毎ターン上げ続けることができます。

リローダー・ドラゴン

リンク2 闇属性 ドラゴン族
攻撃力1800 ← →

  • 「ヴァレット」モンスター2体
  • このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカード以外の自分フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。手札から「ヴァレット」モンスター1体を、そのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
  • この効果で特殊召喚したモンスターはリンク素材にできず、エンドフェイズに破壊される。
  • ②:このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

「ヴァレット」モンスターを回収するために採用しましょう。

スポンサーリンク

魔法

モンスター エクストラ
魔法  サポート ヴァレル

ヴァレル・リロード

装備魔法

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。
  • このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは除外される。
  • ②:装備モンスターが破壊された事でこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

「ヴァレット」デッキは闇属性が集中するので除外しても「終焉の精霊」の効果で墓地に戻せます。

クイック・リボルブ

速攻魔法

  • ①:デッキから「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。
  • この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

ターン制限がないので、エクシーズ・リンクにつなげられます。

スクイブ・ドロー

速攻魔法

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:自分フィールドの「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊し、自分はデッキから2枚ドローする。

闇属性のドローカードは豊富なのでコンセプトによって採用枚数を考えましょう。

リボルブート・セクター

フィールド魔法

  • このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:フィールドの「ヴァレット」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
  • ②:自分メインフェイズに以下の効果から1つを選択して発動できる。
    ●手札から「ヴァレット」モンスターを2体まで守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
    ●相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターよりも多い場合、その差の数まで自分の墓地から「ヴァレット」モンスターを選んで守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

サーチすることが少ない「ヴァレット」デッキとしては、墓地からの複数の特殊召喚ができることは、手札アドバンテージになります。

スポンサーリンク

モンスター エクストラ
魔法  サポート ヴァレル

タクティカル・エクスチェンバー

通常罠

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊し、そのモンスターと元々のカード名が異なる「ヴァレット」モンスター1体を自分のデッキ・墓地から選んで特殊召喚する。

「アネスヴァレット・ドラゴン」が一番守備力の高いモンスターです。

リンク・デス・ターレット

永続罠

  • ①:このカードの発動時の効果処理として、このカードにカウンターを4つ置く。
  • ②:自分が戦闘ダメージを受ける度にこのカードにカウンターを1つ置く。
  • ③:自分メインフェイズ2に、このカードのカウンターを1つ取り除き、自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
  • この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、フィールドから離れた場合に除外される。
  • この効果を発動するターン、自分は闇属性のリンクモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

このカードを発動するだけで4体の「ヴァレット」を墓地から特殊召喚できます。

スポンサーリンク

サポート

モンスター エクストラ
魔法  サポート ヴァレル

スピードローダー・ドラゴン

★6 闇属性 ドラゴン族
攻撃力2400 守備力600

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分が効果ダメージを受けた時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
  • その後、自分が受けたダメージと同じ数値分のダメージを相手に与え、与えたダメージの半分だけ自分のLPを回復する。
  • ②:このカードがアドバンス召喚に成功した時に発動できる。デッキから「ヴァレット」モンスター2体を手札に加える(同名カードは1枚まで)。

基本的にサーチカードとして扱います。

アブソルーター・ドラゴン

★7 闇属性 ドラゴン族
攻撃力1200 守備力2800

  • このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分フィールドに「ヴァレット」モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
  • ②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「ヴァレット」モンスター1体を手札に加える。

墓地に送られるだけでサーチができる順応カードです。

デュアルウィール・ドラゴン

★8 闇属性 ドラゴン族
攻撃力2500 守備力1500

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードをリリースし、自分の墓地のカード名が異なる「ヴァレット」モンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
  • ②:墓地のこのカードを除外して発動できる。自分のデッキ・墓地から「ラピッド・トリガー」または「ヘヴィ・トリガー」1枚を選んで手札に加える。

「ヴァレット・キャリバー」によって墓地から特殊召喚できるので、場を展開しつつ「ラピッド・トリガー」か「ヘヴィ・トリガー」をサーチできます。

まとめ

「ヴァレット」はリンクモンスターの効果対象にならないと効果を発動できないものが多いので、対象取ったうえで効果を発動するリンクモンスターが必要です。

更新は遅れますが、ここに含まれていないものがありましたら、修正しますのでコメントお願いします。

リンク先など間違っていたり、エラーが出るようでしたらこちらにコメントお願いします。

とくにアマゾン・楽天のリンク先にカードの表示がないようであれば、修正しますのでこちらにコメントお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました