キーワード別

遊戯王 癖ドローカード(魔法) 一覧

スポンサーリンク
この記事は約20分で読めます。

癖ドローソース

決まったデッキにしか採用しづらいドローカードです。

スポンサーリンク

    な     わ

アドバンス・ゾーン

永続魔法

  • 1ターンに1度、自分がモンスターのアドバンス召喚に成功したターンのエンドフェイズ時に発動できる。このターン自分がアドバンス召喚のためにリリースしたモンスターの数によって以下の効果を適用する。
    ●1体以上:相手フィールド上にセットされたカード1枚を選んで破壊する。
    ●2体以上:デッキからカードを1枚ドローする。
    ●3体以上:自分の墓地のモンスター1体を選んで手札に加える。

上級モンスターをアドバンス召喚(いけにえ召喚)する必要がありますが3体以上リリースしていれば、全部適応することが可能です。

召喚権を増やして、アドバンス召喚(いけにえ召喚)後のアドバンス召喚(いけにえ召喚)でもリリースにカウントされます。

一撃必殺!居合いドロー

通常魔法

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:手札を1枚捨てて発動できる。相手フィールドのカードの数だけ自分のデッキの上からカードを墓地へ送り、その後自分はデッキから1枚ドローし、お互いに確認する。それが「一撃必殺!居合いドロー」だった場合、それを墓地へ送り、フィールドのカードを全て破壊する。
  • その後、この効果で破壊され墓地へ送られたカードの数×2000ダメージを相手に与える。
  • 違った場合、自分はこの効果でデッキから墓地へ送ったカードの数だけ、自分の墓地のカードを選んでデッキに戻す。

あてた場合はダメージを与えて、外れた場合は墓地がデッキには戻りますがドローしたカードは墓地へ送りません。

一点着地

永続魔法

  • このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分または相手の手札から自分フィールドに、モンスター1体のみが特殊召喚された場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
  • ②:自分ターンにこのカードの①の効果でドローしていない場合、そのターンのエンドフェイズにこのカードは墓地へ送られる。

「サイバー・ドラゴン」やペンデュラム召喚など毎ターンドローできるようなコンセプトのデッキでない限り、必要ないと思います。

運命のドロー

通常魔法

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:自分のLPが相手より少なく、フィールドの攻撃力が一番高いモンスターが相手フィールドに存在する場合に発動できる。デッキからカード名が異なるカード3枚を選んで相手に見せ、その3枚をシャッフルしてデッキの上に戻す。
  • その後、自分はデッキから1枚ドローする。
  • このカードの発動後、ターン終了時まで自分は魔法・罠カードをセットできず、魔法・罠・モンスターの効果を1度しか発動できない。

条件はそこまで難しくなく、負けているときには使うタイミングが多いです。(選んだカードで勝てるかは別として)

エクシーズ・ギフト

通常魔法

  • 自分フィールド上にエクシーズモンスターが2体以上存在する場合に発動できる。自分フィールド上のエクシーズ素材を2つ取り除き、デッキからカードを2枚ドローする。

「強制転移」などで相手のエクシーズモンスターの素材を利用しましょう。

エンシェント・リーフ

通常魔法

  • ①:自分のLPが9000以上の場合、2000LPを払って発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。

ライフを増やすことにメリットのあるデッキが皆無なので使いどころは意外と少ない印象。

「アロマージ」で枠が空いていれば採用も検討できます。

エンタメデュエル

フィールド魔法

  • ①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、お互いのプレイヤーは1ターン中に以下の条件をそれぞれ満たす度に、1つの条件につき1ターンに1度ずつデッキから2枚ドローする。
    ●レベルの異なるモンスター5体を同時に特殊召喚した。
    ●自身のモンスター1体が5回戦闘を行った。
    ●チェーン5以上でカードの効果を発動した。
    ●サイコロを振った回数及びコイントスの回数が合計5回になった。
    ●自身のLPが500以下になるダメージを受けた。

発動することが難しいものの、成功すれば最高10枚ドローすることができます。

注意:相手も成立すればドローできます。
スポンサーリンク

    な     わ

ガードペナルティ

速攻魔法

  • フィールド上のモンスター1体を選択する。このターン選択したモンスターが守備表示になった場合、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

守備表示にするカードを採用する必要がありますが、もともと守備表示になる効果を持っているモンスターがいるデッキには採用しやすいです。

注意:そのモンスターが1ターンに何度も守備表示なっても1枚しかドローできません。

カオス・グリード

通常魔法

  • 自分のカードが4枚以上ゲームから除外されており、自分の墓地にカードが存在しない場合に発動する事ができる。自分のデッキからカードを2枚ドローする。

除外デッキや墓地にカードが集まりにくいデッキに採用できます。

カップ・オブ・エース

通常魔法

  • コイントスを1回行う。表が出た場合、自分はデッキからカードを2枚ドローする。裏が出た場合、相手はデッキからカードを2枚ドローする。

裏が出た場合、相手にドローを許してしまうので、相手にドローされてメリットのあるカードと併用しましょう。

極超辰醒

通常魔法

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、通常召喚できないモンスター2体を裏側表示で除外して発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。

「インフェルノイド」「サイレント・マジシャン」など通常召喚できないモンスターが多数採用されているデッキに採用しましょう。

グリード・グラード

速攻魔法

  • 自分が相手フィールド上に表側表示で存在するシンクロモンスターを戦闘またはカードの効果によって破壊したターンに発動する事ができる。自分のデッキからカードを2枚ドローする。

自分のシンクロモンスターを相手にあげて破壊することでドロー可能。

幸運の鉄斧

装備魔法

  • ①:装備モンスターの攻撃力は500アップする。
  • ②:フィールドに表側表示で存在するこのカードが相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。自分はデッキから1枚ドローする。

このカードが装備状態になっていないと、相手に破壊されてもドローできないため、500アップの装備カードとしてたまにドローできるくらいの気持ちで使用することを推奨します。

黒白の波動

速攻魔法

  • シンクロモンスターをエクシーズ素材としているエクシーズモンスターがフィールド上に存在する場合に発動できる。フィールド上のカード1枚を選択してゲームから除外し、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

条件が難しく使うタイミングが少ないため、このカードを使うためにデッキ編成する必要があります。

強欲なカケラ

永続魔法

  • ①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分ドローフェイズに通常のドローをする度に、このカードに強欲カウンターを1つ置く。
  • ②:強欲カウンターが2つ以上置かれているこのカードを墓地へ送って発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。

発動から2ターン後にドローができます。

その間破壊されないようにするカードも入れましょう。

スポンサーリンク

    な     わ

シャッフル・リボーン

通常魔法

  • このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに除外される。
  • ②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主のデッキに戻してシャッフルし、その後自分はデッキから1枚ドローする。
  • このターンのエンドフェイズに、自分の手札を1枚除外する。

手札が0枚ならエンドフェイズに除外する必要がありません。

弱者の意地

永続魔法

  • 自分の手札が0枚の場合、自分フィールド上に存在するレベル2以下のモンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、自分のデッキからカードを2枚ドローする。

条件がきついものの、ターン制限がないため、手札が0枚なら何度でもドロ-するチャンスがあります。

雪花の光

通常魔法

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合に発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。
  • このカードの発動後、このデュエル中に自分は「雪花の光」以外の魔法・罠カードの効果を発動できない。
  • ②:墓地のこのカードを除外して発動できる。手札のモンスター1体を相手に見せ、デッキに戻してシャッフルする。
  • その後、自分はデッキから1枚ドローする。

「超重武者」などの魔法、罠カードの採用枚数が少ないデッキなら採用可。

発動後使えなくなる効果なので、それまでに魔法、罠カードを使う必要がありますが、墓地に魔法、罠カードがあると使えなくなってしまうので、やはり他の魔法、罠カードを使わないつもりで採用した方がいいと思います。

7

永続魔法

  • 「7」が自分フィールド上に表側表示で3枚揃った時、自分はデッキからカードを3枚ドローする。
  • その後全ての「7」を破壊する。このカードがフィールドから墓地へ送られた時、自分は700ライフポイント回復する。

3枚揃うまでは効果が無いので、邪魔になりやすく回復手段としての採用を試んでみましょう。

スポンサーリンク

    な     わ

ツッパリーチ

フィールド魔法

  • ①:自分ドローフェイズに通常のドローをした時、そのカード1枚を相手に見せて発動できる。そのカードをデッキの一番下に戻し、自分はデッキから1枚ドローする。
  • ②:自分が効果でカードをドローした時、そのカード1枚を相手に見せて発動できる。このカードを墓地へ送り、見せたカードをデッキの一番下に戻し、自分はデッキから1枚ドローする。

ドローフェイズ時に残っていれば、3枚のカードの中から選べられるとも考えられますが、効果の使いどころやドローフェイズまでもたないなど考えさせられます。

デンジャラスマシン TYPE-6

永続魔法

  • 自分のスタンバイフェイズ毎にサイコロを1回振る。出た目の効果を適用する。
  • 1・自分は手札を1枚捨てる。
  • 2・相手は手札を1枚捨てる。
  • 3・自分はカードを1枚ドローする。
  • 4・相手はカードを1枚ドローする。
  • 5・相手フィールド上モンスター1体を破壊する。
  • 6・このカードを破壊する。

ランダムすぎてドローできるかわかりません。

ドロー・マッスル

速攻魔法

  • 「ドロー・マッスル」は1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:自分フィールドの守備力1000以下の表側守備表示モンスター1体を対象として発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。そのモンスターはこのターン戦闘では破壊されない。

リンクデッキでは使いづらいですが、ドローしつつこのターンをしのげます。

ドン・サウザンドの契約

永続魔法

  • 「ドン・サウザンドの契約」は1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:このカードの発動時の効果処理として、お互いのプレイヤーは1000LPを失い、それぞれデッキから1枚ドローする。
  • ②:お互いのプレイヤーは、このカードが魔法&罠ゾーンに存在する間にドローしたカード及び、このカードの①の効果でドローしたカードを公開し続ける。
  • ③:このカードの効果で手札の魔法カードを公開しているプレイヤーは、モンスターを通常召喚できない。

魔法、罠カードで構成されたデッキなら多数採用可。

スポンサーリンク

    な     わ

ブレイク・ドロー

装備魔法

  • 機械族モンスターにのみ装備可能。装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。
  • このカードは発動後3回目の自分のエンドフェイズ時に破壊される。

機械族が入っているデッキには採用可能。

ターン制限が掛かっていないので、攻撃を強制するカードとともに採用することで、大量ドローを狙えます。

星の金貨

通常魔法

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:自分の手札を2枚選んで相手の手札に加える。
  • その後、自分はデッキから2枚ドローする。

そこまでしてドローしたいかどうかが判断材料です。

スポンサーリンク

    な     わ

魔法族の結界

永続魔法

  • ①:フィールドの表側表示の魔法使い族モンスターが破壊される度にこのカードに魔力カウンターを1つ置く(最大4つまで)。
  • ②:魔力カウンターが置かれているこのカードと自分フィールドの表側表示の魔法使い族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードに置かれていた魔力カウンターの数だけ、自分はデッキからドローする。

魔法使い族デッキになら採用可能。

「ブラックホール」などによって、1度に複数のモンスターが破壊されてもカウントは1つしか増えません。また裏守備モンスターを効果破壊してもカウントされません。

無の煉獄

通常魔法

  • 自分の手札が3枚以上の場合に発動できる。自分のデッキからカードを1枚ドローし、このターンのエンドフェイズ時に自分の手札を全て捨てる。

発動条件はともかく、モンスターが比較的多いデッキではすべて墓地へいってしまうため、墓地で発動する効果モンスターとの併用を考えましょう。

モンスター回収

通常魔法

  • 元々の持ち主が自分となる、自分フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターと自分の手札を全てデッキに加えてシャッフルする。
  • その後、元の手札の枚数分だけデッキからカードをドローする。元々の持ち主が相手となるカードが自分の手札にある場合、このカードは発動できない。

デッキから特殊召喚することで、効果を発動するモンスターをデッキに戻したい場合に使用できます。

モンスター・スロット

通常魔法

  • 自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、選択したモンスターと同じレベルの自分の墓地に存在するモンスター1体を選択してゲームから除外する。
  • その後、自分のデッキからカードを1枚ドローする。この効果でドローしたカードをお互いに確認し、選択したモンスターと同じレベルのモンスターだった場合、そのモンスターを特殊召喚する。

同じ★のモンスターを多く採用していれば発動しやすいです。

手札に置いておきたいカードが対象にしたモンスターと同じ★の場合、強制的に特殊召喚しなければならないのがデメリットです。

スポンサーリンク

    な     わ

与奪の首飾り

装備魔法

  • 自分フィールド上の装備モンスターが戦闘によって破壊されこのカードが墓地に送られた時、次の効果から1つを選択して発動する。
  • デッキからカードを1枚ドローする。
  • 相手の手札をランダムに1枚墓地に捨てる。

幸運の鉄斧と違い、装備されたモンスターが戦闘で破壊される必要があるので、幸運の鉄斧と比べれば発動しやすいです。

スポンサーリンク

    な     わ

リロード

速攻魔法

  • 自分の手札を全てデッキに加えてシャッフルする。
  • その後、デッキに加えた枚数分のカードをドローする。

打ち出の小槌の自由がなくなったカードです。

いらないカード以外のカードも戻してしまうため、優勢でなくなる場合もあります。

手札破壊効果に対して、使うことで墓地にいってほしくないカードを回避できます。

リンク・バースト

通常魔法

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:自分フィールドのリンクモンスター1体と、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。
  • その後、自分はデッキから1枚ドローする。

リンクデッキで採用可能。

先攻ターンでは、まず使うことができず、リンクモンスターを破壊してまでドローがしたいのかと問いたい。

まとめ

 

条件次第で採用できるドローカードを紹介しました。

更新は遅れますが、ここに含まれていないものがありましたら、修正しますのでコメントお願いします。

リンク先など間違っていたり、エラーが出るようでしたらこちらにコメントお願いします。

とくにアマゾン・楽天のリンク先にカードの表示がないようであれば、修正しますのでこちらにコメントお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました