相性

ウィッチクラフト 相性カード

スポンサーリンク
この記事は約13分で読めます。

ウィッチクラフト

スポンサーリンク

モンスター

モンスター エクストラ

魔法 罠

召喚僧サモンプリ—スト

★4 闇属性 魔法使い族
攻撃力800 守備力1600

  • ①:このカードが召喚・反転召喚に成功した場合に発動する。このカードを守備表示にする。
  • ②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードはリリースできない
  • ③:1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。デッキからレベル4モンスター1体を特殊召喚する。
  • この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

魔法カードを多く採用する傾向があり「シュミッタ」「サモンプリースト」を特殊召喚することで展開が可能。

連続で使うことで2~4リンクモンスター・ランク4エクシーズモンスターを特殊召喚することができます。

「灰流うらら」を使われた場合もウィッチクラフトと違い、このカードがフィールドから離れることがないので、手札にいる「アルル」を使うことも可能。

墓地効果を発揮する魔法カード採用率も上がります。

シャドール・ビースト

★5 闇属性 魔法使い族
攻撃力2200 守備力1700

  • 「シャドール・ビースト」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
  • ①:このカードがリバースした場合に発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。その後、手札を1枚捨てる。
  • ②:このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

効果によって墓地へ送られると1枚ドローできます。

相手の手札破壊・デッキ破壊に反応してドローができ「ファルコン」の効果によって墓地から特殊召喚することで、リバース効果も発動可能。

★5のため手札に来ると腐りやすく、対応策が必要。

また「エーデル」の効果で特殊召喚が可能なのでエーデルの採用率も検討。

ランク5エクシーズ召喚にもつながる。

マスマティシャン
(制限カード)

★3 地属性 魔法使い族
攻撃力1500 守備力500

  • ①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキからレベル4以下のモンスター1体を墓地へ送る。
  • ②:このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

召喚成功時にデッキからモンスターを墓地に送ることができるので「ウィッチクラフト」「シャドール」を墓地に送ることで恩恵をつかみ、このカードがフィールドにいることでも相手は戦闘を拒みます。

攻撃がきても「アルル」で守ることが可能。

EMスカイ・マジシャン

★7 風属性 魔法使い族
攻撃力2500 守備力2000

  • 「EMスカイ・マジシャン」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:1ターンに1度、自分が魔法カードを発動した場合に発動する。このカードの攻撃力は300アップする。
  • ②:自分フィールドの永続魔法カード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。
  • その後、手札から「魔術師」永続魔法カード1枚を発動できる。
  • この効果は相手ターンでも発動できる。
  • ③:表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

「魔術師」永続魔法カードを張り替える効果や魔法カードを使うたびに攻撃力が上がる効果、コンボが決まると手を付けられなくなります。

沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン

★4 光属性 魔法使い族
攻撃力1000 守備力1000 特殊召喚

  • このカードは通常召喚できない。自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
  • ①:このカードの攻撃力は、自分の手札の数×500アップする。
  • ②:1ターンに1度、魔法カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にする。
  • ③:フィールドのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。手札・デッキから「沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン」以外の「サイレント・マジシャン」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

フィールドの魔法使い族モンスターをリリースした場合のみ特殊召喚できるモンスターです。

のみ召喚のため、フィールドに魔法使い族がいないと腐ってしまいますが1度出れば恩恵があるのは間違いありません。

最初のターンでこのモンスターを出せれば攻撃力2500、1ターンに1度、魔法カードを無効にできるので相手の展開力を損なわせることができます。

魔導書士 バテル

★2 水属性 魔法使い族
攻撃力500 守備力400

  • ①:このカードが召喚・リバースした場合に発動する。デッキから「魔導書」魔法カード1枚を手札に加える。

召喚・リバースすることで「グリモ」「ルドラ」をサーチできるカード。

このカードをサーチすることでデッキ圧縮・ドローすることが可能。

 

スポンサーリンク

魔法カード

 

魔術師の左手

永続魔法

  • ①:1ターンに1度、自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、相手が発動した罠カードの効果を無効にし破壊する。

魔法使い族デッキならどこにでも入ります、とくに「スカイ・マジシャン」を採用するのなら検討しましょう。

魔術師の右手

永続魔法

  • ①:1ターンに1度、自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、相手が発動した魔法カードの効果を無効にし破壊する。

「左手」同様、魔法使い族デッキならどこにでも入ります「スカイ・マジシャン」を採用するのなら検討しましょう。

魔術師の再演

永続魔法

  • ①:このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、自分の墓地のレベル3以下の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
  • ②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「魔術師の再演」以外の「魔術師」永続魔法カード1枚を手札に加える。

起動効果のため、フリーチェーンには弱いですが、墓地へいくだけで「魔術師」永続魔法カードをサーチできます。

「スカイ・マジシャン」を採用すると、このカードを再び貼りなおすことが可能なので、展開力が上がります

 

簡易融合

通常魔法

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:1000LPを払って発動できる。レベル5以下の融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
  • この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

使い道は様々ですがリンク2やエクシーズ召喚、モンスター除去、低ダメージ等に使えます。

状況に応じて、★5以下の融合モンスターを特殊召喚できます。

錬装融合

通常魔法

  • このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分の手札・フィールドから、「メタルフォーゼ」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
  • ②:このカードが墓地に存在する場合に発動できる。墓地のこのカードをデッキに加えてシャッフルする。
  • その後、自分はデッキから1枚ドローする。

前半の効果を使用することはできませんが、ウィッチクラフトのコストになることで墓地効果を発動しやすくなります。

デッキに戻るのでドローして手札に帰ってきてしまうデメリットもあります。

手札コストが必要な時に墓地効果を使うのがいいでしょう。

名推理

通常魔法

  • ①:相手は1~12までの任意のレベルを宣言する。通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキの上からカードをめくり、そのモンスターのレベルが宣言されたレベルと同じ場合、めくったカードを全て墓地へ送る。
  • 違った場合、そのモンスターを特殊召喚し、残りのめくったカードは全て墓地へ送る。

モンスターをほぼ確実に特殊召喚が可能、魔法カードはウィッチクラフトの場合、回収可能ですのでかなり相性がいいと思います。

モンスターゲート

通常魔法

  • ①:自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキの上からカードをめくり、そのモンスターを特殊召喚する。残りのめくったカードは全て墓地へ送る。

「名推理」同様かなり相性がいいです。リリースが必要な分、特殊召喚が確実に行えます。

ルドラの魔導書
(準制限カード)

通常魔法

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、自分はデッキから2枚ドローする。

「ワンダー・ワンド」同様、余ってしまった魔法使い族を使用します。

「バテル」「グリモ」も採用することによってデッキ圧縮、ドローソースにもなります。

グリモの魔導書

通常魔法

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:デッキから「グリモの魔導書」以外の「魔導書」カード1枚を手札に加える。

魔導書カードなら何でもサーチ可能「トーラ」「ルドラ」「バテル」状況に合わせサーチできます。

異次元からの埋葬

速攻魔法

  • ①:除外されている自分及び相手のモンスターの中から合計3体まで対象として発動できる。そのモンスターを墓地に戻す。

ウィッチクラフトモンスターが除外されていることが多いと思うので、再利用が可能になります。

おろかな埋葬
(制限カード)

通常魔法

  • ①:デッキからモンスター1体を墓地へ送る。

「シュミッタ」「ピットレ」をすぐさま墓地に送り、展開できます。

手札に来ると困る上級モンスターを先に墓地へ送っておくことで展開力が変わります。

おろかな副葬

通常魔法

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。

「ウィッチクラフト」魔法カードは、エンドフェイズ時に回収可能なので、次のターンのために回収手段としての採用もできます。

「錬装融合」「マスターピース」を墓地に送ることでもメリットがあります。

D・D・R

装備魔法

  • ①:手札を1枚捨て、除外されている自分のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚し、このカードを装備する。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。

除外されたウィッチクラフトを再利用することができます。

七星の宝刀

通常魔法

  • 「七星の宝刀」は1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:手札または自分フィールドの表側表示モンスターの中から、レベル7モンスター1体を除外して発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。

腐ってしまった上級モンスターを除外できます。採用カードにもよりますが「ハイネ」「スカイ・マジシャン」など。

大欲な壺

速攻魔法

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:除外されている自分及び相手のモンスターの中から合計3体を対象として発動できる。そのモンスター3体を持ち主のデッキに加えてシャッフルする。
  • その後、自分はデッキから1枚ドローする。

ウィッチクラフトの墓地効果は除外してしまうので採用できます。

また相手の除外カードだけで1枚ドローできるメリットもあります。

招来の対価

通常魔法

  • このカードを発動したターンのエンドフェイズ時、このターン自分が手札・フィールド上からリリースしたトークン以外のモンスターの数によって以下の効果を適用する。
  • 「招来の対価」は1ターンに1枚しか発動できない。
  • 1体:デッキからカードを1枚ドローする。
  • 2体:自分の墓地のモンスター2体を選んで手札に加える。
  • 3体以上:フィールド上に表側表示で存在するカードを3枚まで選んで破壊する。

「モンスターゲート」アドバンス召喚「ウィッチクラフト」モンスターの効果などリリースする機会が多く、少なくともドロー効果のためだけに採用することもできます。

効果適用がエンドフェイズのため、墓地回収の方がメリットに思えます「エフェクトヴェーラー」「幽鬼うさぎ」「灰流うらら」などの回収。

ワンダー・ワンド

装備魔法

  • 魔法使い族モンスターにのみ装備可能。
  • ①:装備モンスターの攻撃力は500アップする。
  • ②:装備モンスターとこのカードを自分フィールドから墓地へ送って発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。

基本的にドローソースとして使います。

トレード・イン

通常魔法

  • ①:手札からレベル8モンスター1体を捨てて発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。

腐ってしまった上級モンスターを墓地へ送れます。採用カードにもよりますが「ヴェール」「アルル」など。

闇の誘惑

通常魔法

  • ①:自分はデッキから2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスター1体を除外する。
  • 手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。

魔法使い族は闇属性や光属性が多く、採用カードによっては検討できますし「ハイネ」を除外したり、あえて手札で腐っていた上級モンスターを墓地へ送る方法にもなります。

スポンサーリンク

罠カード

 

マジシャンズ・サークル

通常罠

  • ①:自分または相手の魔法使い族モンスターの攻撃宣言時に発動できる。お互いのプレイヤーは、それぞれ自分のデッキから攻撃力2000以下の魔法使い族モンスター1体を攻撃表示で特殊召喚する。

相手も魔法使い族を採用している場合、相手にメリットを与えてしまいますが攻撃宣言時に「ヴェール」を特殊召喚することができるので、ダメージステップに「ヴェール」の効果を発動することが可能です。

相手が「エフェクト・ヴェーラー」しか採用していない場合など、妨害カードを減らせます。

黒魔族復活の棺

通常罠

  • ①:相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功した時、そのモンスター1体と自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスター2体を墓地へ送る。
  • その後、自分のデッキ・墓地から魔法使い族・闇属性モンスター1体を選んで特殊召喚できる。

自分フィールドに、魔法使い族モンスターがいるのが条件ですが、発動するのはたやすいです。

「ハイネ」等が除外されていて特殊召喚できるモンスターがいなくても墓地へ送ることができます。

闇の増産工場

 

手札で腐ってしまった上級モンスターを捨てることで、ドローすることができる。

相手ターンにも使うことができるので加速できます。

裁きの天秤

ウィッチクラフトの効果による特殊召喚に失敗すると、フィールドがガラ空きになってしまうので、手札次第ではありますが次のターンに向けたドローが見込めます。

豆まき

相手のモンスターを除去しつつ、手札交換のできるカード。

リンクモンスター、エクシーズモンスターに使えないので、展開の阻害に使いましょう。

スポンサーリンク

エクストラモンスター

 

魔導原典 クロウリー

リンク2 闇属性 魔法使い族
攻撃力1000 ↙ ↘

  • 魔法使い族モンスター2体
  • このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「魔導書」カード3種類を相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。そのカード1枚を自分の手札に加え、残りのカードはデッキに戻す。
  • ②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分はレベル5以上の魔法使い族モンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。
  • この効果は1ターンに1度しか適用できない。

魔導書カードを採用している場合検討、魔導書カードが無くても上級モンスターをリリースなしで召喚できるので枠が空いていたら採用しましょう。

まとめ

私が思う限りの相性がいいカードを紹介してきたつもりですが、全体的にウィッチクラフトの展開力を加速させるほどのカードがない印象です。

やはりウィッチクラフトデッキを作成するよりも、出張パーツとして採用される方が多くなるのではないでしょうか、これからの強化カードに期待です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました