テーマ別 遊戯王

遊戯王 ダストン 考察

スポンサーリンク
この記事は約9分で読めます。

ダストン

このテーマについて紹介していきます。

フィールドで破壊されることで効果が発動するモンスターです。

スポンサーリンク

モンスター

ハウスダストン

★1 光属性 悪魔族
攻撃力0 守備力1000

  • ①:フィールドの表側表示のこのカードが相手の効果で破壊され墓地へ送られた時、または、ダメージステップ開始時に表側表示だったこのカードが相手モンスターとの戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。手札・デッキから「ダストン」モンスターを任意の数だけ選び、お互いのフィールドに同じ数ずつ特殊召喚する。

デッキ圧縮に最適。

素材の決まっていないリンクデッキ相手には、素材与えかねないので相手のエクストラデッキによって、相手に与えるカードを決めます。

レッド・ダストン

★1 炎属性 悪魔族
攻撃力0 守備力1000

  • このカードはリリースできず、融合・シンクロ・エクシーズ召喚の素材にもできない。
  • フィールド上のこのカードが破壊された時、このカードのコントローラーは500ポイントダメージを受ける。
  • 「レッド・ダストン」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

「ハウスダストン」の効果で相手に送り付けましょう。

素材の決まったリンクデッキには、リンクマーカー先に置くことで展開を阻害できます。

グリーン・ダストン

★1 風属性 悪魔族
攻撃力0 守備力1000

  • このカードはリリースできず、融合・シンクロ・エクシーズ召喚の素材にもできない。
  • フィールド上のこのカードが破壊された時、このカードのコントローラーは自分フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して持ち主の手札に戻す。
  • 「グリーン・ダストン」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

フィールド魔法や永続魔法・罠カードの再利用に使えます。

イエロー・ダストン

★1 地属性 悪魔族
攻撃力0 守備力1000

  • このカードはリリースできず、融合・シンクロ・エクシーズ召喚の素材にもできない。
  • フィールド上のこのカードが破壊された時、このカードのコントローラーは自分の墓地のモンスター1体を選択してデッキに戻す。
  • 「イエロー・ダストン」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

「ハウスダストン」の効果によって、相手に送りつけたいモンスターをデッキに戻せます。

ブルー・ダストン

★1 水属性 悪魔族
攻撃力0 守備力1000

  • このカードはリリースできず、融合・シンクロ・エクシーズ召喚の素材にもできない。
  • フィールド上のこのカードが破壊された時、このカードのコントローラーの手札をランダムに1枚選び、次のターンのスタンバイフェイズ時まで裏側表示でゲームから除外する。
  • 「ブルー・ダストン」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

相手ターンに相手フィールドの「ブルー・ダストン」を破壊できれば、相手の展開を妨げることができるかもしれません。

ホワイト・ダストン

★1 光属性 悪魔族
攻撃力0 守備力1000

  • ちっちゃな悪魔、ダストンズの白いヤツ。自身でも驚きの白さである事をホコリに思っているらしい。

「ハウスダストン」の効果で自分フィールドに置きましょう。

通常モンスターを対象にするカードを採用しましょう。

スターダストン

★1 闇属性 悪魔族
攻撃力? 守備力? 特殊召喚

  • このカードは通常召喚できない。自分フィールド上に表側表示で存在する「ダストン」と名のついたモンスターを任意の数だけ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
  • このカードの攻撃力・守備力は、墓地へ送ったそのモンスターの数×1000ポイントになる。
  • このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手はフィールド上にセットされた魔法・罠カードを発動できず、相手はモンスターを反転召喚・特殊召喚できない。
  • 相手フィールド上のモンスターの数より、自分フィールド上のモンスターの数が多い場合、このカードを破壊する。

「ワン・フォーワン」「予想GUY」を使うと、フィールドに2体のダストンを特殊召喚できますので、通常召喚を加えて3体のダストンで特殊召喚しましょう。

「スターダスト」の恩恵も受けられます。

スポンサーリンク

魔法

ダストンのモップ

装備魔法

  • 装備モンスターはリリースできず、融合・シンクロ・エクシーズ召喚の素材にもできない。
  • フィールド上のこのカードが相手のカードの効果によって破壊され墓地へ送られた時、デッキから「ダストン」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。
  • 「ダストンのモップ」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

相手のモンスターに装備することで、ダストンのような扱いになりますがリンク召喚は可能なため、相手デッキに依存します。

装備モンスターを変更するカードを採用することで、相手のシンクロ召喚、エクシーズ召喚を防ぐことができます。

スポンサーリンク

 

ダストンローラー

通常罠

  • フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。このターン、選択したモンスターはリリースできず、融合・シンクロ・エクシーズ召喚の素材にもできない。
  • セットされたこのカードが相手のカードの効果によって破壊され墓地へ送られた場合、デッキから「ダストン」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

相手のシンクロ召喚、エクシーズ召喚を防げます。

特に融合は「融合」を発動してから対象にすることで不発にできることもあるかもしれません。

ダイヤモンドダストン

通常罠

  • ①:フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された時に発動できる。その破壊されたカードの数だけ、デッキから「ダストン」モンスターを選んで自分・相手フィールドに特殊召喚する。
  • ②:このカードが墓地に存在する場合に1度だけ、自分の墓地の「ダストン」モンスター1体を除外して発動できる。このカードは通常モンスター(悪魔族・闇・星1・攻0/守1000)となり、相手のモンスターゾーンに守備表示で特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。この効果で特殊召喚したこのカードはリリースできず、融合・S・X召喚の素材にもできない。

「ブラックホール」などで一掃した後、特殊召喚したダストンで「スターダストン」を出すか、相手フィールドに特殊召喚して全体攻撃ですべてのダストンに攻撃するなどデッキコンセプトによって様々な使い方ができます。

スポンサーリンク

スターダストサポートカード

スターダスト・イルミネイト

通常魔法

  • このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • (1):デッキから「スターダスト」モンスター1体を墓地へ送る。 自分フィールドに「スターダスト・ドラゴン」または そのカード名が記されたSモンスターが存在する場合、墓地へ送らず特殊召喚する事もできる。
  • (2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「スターダスト」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターのレベルをターン終了時まで1つ上げる、または下げる。

「スターダストン」を墓地に送るためだけに採用。

 

シューティング・スター

通常罠

  • ①:フィールドに「スターダスト」モンスターが存在する場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

「ダストン」だけでなく「スターダスト・ドラゴン」も出せるようなデッキであれば、利用できる機会もあると思います。

まとめ

現環境では、ダストンを相手に送りつける意味がなく、相手ターンに相手に送りつけても対処されてしまうので、自分のターンに相手に送り付けれるように工夫する必要があります。

フィニッシャーとして「スターダストン」がいるので、ダストンで組みやすくなりましたが、そもそも何のために相手にダストンを送り付けるのかわからない印象。

せめて、相手フィールドにダストンがいる場合などの効果があればいいものの、全ての効果に相手フィールドにあることに意味がある効果が無いため「スターダストン」がこない限りは後手に回ってしまいます。

更新は遅れますが、ここに含まれていないものがありましたら、修正しますのでコメントお願いします。

リンク先など間違っていたり、エラーが出るようでしたらこちらにコメントお願いします。

とくにアマゾン・楽天のリンク先にカードの表示がないようであれば、修正しますのでこちらにコメントお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました