テーマ別
光属性闇属性
アンデット族

遊戯王 ワイト 一覧

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

ワイト

このカードについて紹介していきます。

スポンサーリンク

モンスター

 

ワイト

★1 闇属性 アンデット族
攻撃力300 守備力200

  • どこにでも出てくるガイコツのおばけ。攻撃は弱いが集まると大変。

通常モンスター★1とサポートカードは多いが「ワイト」は墓地にいるのが仕事のため、とくに「ワイト」のためにサポートカードを入れる必要はないでしょう。

ワイトキング

★1 闇属性 アンデット族
攻撃力? 守備力0

  • このカードの元々の攻撃力は、自分の墓地に存在する「ワイトキング」「ワイト」の数×1000ポイントの数値になる。
  • このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地の「ワイトキング」または「ワイト」1体をゲームから除外する事で、このカードを特殊召喚する。

墓地にいる「ワイト」の数だけ1000攻撃力が上がるので、現在のとこ最高20000にまで攻撃力が上がります。

「ワイトキング」と相手モンスター1対1の場合、強制転移を使うことで相手に攻撃力0のモンスターをあげ、貰ったモンスターで攻撃しダメージにつなげれます。

相手にあげた「ワイトキング」は、戦闘で破壊され墓地に行くと、墓地の「ワイト」を除外することで、特殊召喚ができるのでとどめを刺すこともできます。

ワイト夫人

★3 闇属性 アンデット族
攻撃力0 守備力2200

  • このカードのカード名は、墓地に存在する限り「ワイト」として扱う。
  • また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、「ワイト夫人」以外のフィールド上のレベル3以下のアンデット族モンスターは戦闘では破壊されず、魔法・罠カードの効果も受けない。

「ワイト」だけではなく、★3以下のアンデット族にも対応しているので汎用性はあるかもしれません。

注意:相手の★3以下のアンデット族にも恩恵があります。

ワイトメア

★1 闇属性 アンデット族
攻撃力300 守備力200

  • このカードのカード名は、墓地に存在する限り「ワイト」として扱う。また、このカードを手札から捨てて以下の効果から1つを選択して発動する事ができる。
  • ●ゲームから除外されている自分の「ワイト」または「ワイトメア」1体を選択して自分の墓地に戻す。
  • ●ゲームから除外されている自分の「ワイト夫人」または「ワイトキング」1体を選択してフィールド上に特殊召喚する。

除外されている「ワイトキング」「ワイト夫人」を特殊召喚するために採用。

闇の誘惑での除外や「ワイトキング」自身の効果で除外されていれば使用できます。

ワイトプリンス

★1 闇属性 アンデット族
攻撃力0 守備力0

  • ①:このカードのカード名は、墓地に存在する限り「ワイト」として扱う。
  • ②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。「ワイト」「ワイト夫人」1体ずつを手札・デッキから墓地へ送る。
  • ③:自分の墓地から、「ワイト」2体とこのカードを除外して発動できる。デッキから「ワイトキング」1体を特殊召喚する。

このカードが墓地へいくことで、3枚の「ワイト」が墓地に行くことになり「ワイトキング」の攻撃力上昇を促せます。

注意:デッキに「ワイト」「ワイト夫人」がいないと墓地へいっても効果を発動できません。

ワイトプリンセス

★3 光属性 アンデット族
攻撃力1600 守備力0

  • ①:このカードのカード名は、墓地に存在する限り「ワイト」として扱う。
  • ②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ワイトプリンス」1体を墓地へ送る。
  • ③:自分の手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。フィールドの全てのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、そのレベルまたはランク×300ダウンする。この効果は相手ターンでも発動できる。

召喚、特殊召喚することでデッキから「ワイトプリンス」を落とせるので「ワイトキング」の攻撃力上昇を促せます。

フィールドに出てしまっているこのカードも自身の効果で墓地に送りつつフィールドのモンスター★、ランクの数×300の攻撃力ダウンができます。

「ブルーアイズ」が出ていても3000-2400=600で攻撃力600程度のダメージになります。

注意:フィールドのモンスターなので、少なくとも「ワイト」達は攻撃力が300ダウンします。

ワイトベイキング

★1 闇属性 アンデッド族
攻撃力300 守備力200

  • このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードのカード名は、墓地に存在する限り「ワイト」として扱う。
  • ②:自分フィールドのレベル3以下のアンデット族モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに手札のこのカードを捨てる事ができる。
  • ③:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから以下のモンスターを合計2体手札に加える(同名カードは1枚まで)。
  • その後、手札を1枚選んで捨てる。
    ●「ワイト」
    ●「ワイトベイキング」以外の「ワイト」のカード名が記されたモンスター

「ワイトベイキング」を墓地に送るだけで、「ワイトキング」「ワイト夫人」フィールドに揃えることができます。

まとめ

★1、闇属性、アンデット族とサポートカードが多く、フィニッシャーも決まっているので回しやすいデッキではないかと思います。

いつか出るであろうリンクモンスターの効果次第では、もっと化けるのではないでしょうか。

更新は遅れますが、ここに含まれていないものがありましたら、修正しますのでコメントお願いします。

リンク先など間違っていたり、エラーが出るようでしたらこちらにコメントお願いします。

とくにアマゾン・楽天のリンク先にカードの表示がないようであれば、修正しますのでこちらにコメントお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました