キーワード別
ドロー

遊戯王 汎用ドローカード(罠)

スポンサーリンク
この記事は約19分で読めます。

汎用ドローソース(罠)

ドローを加速させる罠カードを紹介します。

スポンサーリンク

         わ

アイヴィ・シャックル

永続罠

  • このカードがフィールド上に存在する限り、相手フィールド上に表側表示で存在する全てのモンスターは自分のターンのみ植物族になる。
  • フィールド上に表側表示で存在するこのカードが相手の効果によって破壊され墓地へ送られた時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

「フレグランス・ストーム」を使用することで、相手モンスターを破壊しつつドローできます。

暗黒の謀略

通常罠

  • お互いのプレイヤーは手札を2枚選択して捨て、デッキからカードを2枚ドローする。
  • 相手は手札を1枚捨ててこのカードの効果を無効にする事ができる。

相手の手札を減らすかドローするかどちらにしろメリットはあります。

運命の発掘

通常罠

  • ①:自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
  • ②:フィールドのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。自分の墓地の「運命の発掘」の枚数分だけ、自分はデッキからドローする。

破壊されれば最高3枚ドローできます。

臨時収入

永続罠

  • ①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分のEXデッキにカードが加わる度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く(最大3つまで)。
  • ②:魔力カウンターが3つ置かれているこのカードを墓地へ送って発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。

ペンデュラムデッキには採用可能。

貪欲な壺で戻してもカウントされますが1つしかカウントできないので効率が悪いです。

エンペラー・オーダー

永続罠

  • ①:モンスターが召喚に成功した時に発動するモンスターの効果が発動した時、この効果を発動できる。その発動を無効にする。
  • その後、発動を無効にされたプレイヤーはデッキから1枚ドローする。

相手にドローを許してしまいますが、召喚成功時効果を無効にできます。

「カゲトカゲ」を採用することで、★4モンスターを召喚するたびにこのカードの効果で毎ターンドローすることもできます。

スポンサーリンク

         わ

壊獣捕獲大作戦

通常罠

  • 「壊獣捕獲大作戦」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:1ターンに1度、フィールドの「壊獣」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。
  • その後、このカードに壊獣カウンターを1つ置く(最大3つまで)。
  • ②:このカードが相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。

同じ用途でセットしておくのなら「ヒーロー・メダル」よりもこちらを採用しましょう。

カウンター・ゲート

通常罠

  • ①:相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。その攻撃を無効にし、自分はデッキから1枚ドローする。
  • そのドローしたカードがモンスターだった場合、そのモンスターを表側攻撃表示で通常召喚できる。

1体目の直接攻撃から守り、特殊召喚に成功すれば2体目からも守ることができます。

注意:★5以上のモンスターをドローした場合は、リリースする必要があります。

活路への希望

通常罠

  • ①:自分のLPが相手より1000以上少ない場合、1000LPを払って発動できる。お互いのLPの差2000につき1枚、自分はデッキからドローする。

チキンレースの後に使えば、1枚ドローできます。

ガード・ブロック

通常罠

  • 相手ターンの戦闘ダメージ計算時に発動する事ができる。その戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージは0になり、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

ドローするために微量のダメージでも使うか、大ダメージを防ぐために使うかデッキ次第です。

幻獣の角

通常罠

  • 発動後このカードは攻撃力800ポイントアップの装備カードとなり、自分フィールド上の獣族・獣戦士族モンスター1体に装備する。装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

獣族、獣戦士族デッキであれば採用可能。

ダメージ計算時に発動することで、警戒されずにドローが狙えます。

強欲な瓶

通常罠

  • ①:自分はデッキから1枚ドローする。

チェーンによって効果を発動するカードと採用しましょう。

ゴブリンのやりくり上手

通常罠

  • 自分の墓地に存在する「ゴブリンのやりくり上手」の枚数+1枚を自分のデッキからドローし、自分の手札を1枚選択してデッキの一番下に戻す。

「非常食」を使うことで、4枚ドローして1枚戻すこともできます。

スポンサーリンク

         わ

サイコ・チャージ

通常罠

  • 自分の墓地に存在するサイキック族モンスター3体を選択し、デッキに加えてシャッフルする。
  • その後、自分のデッキからカードを2枚ドローする。

サイキック族デッキになら採用可能。

「幽鬼ウサギ」などを再利用することができます。

サイコ・トリガー

通常罠

  • 自分のライフポイントが相手より下の場合に発動する事ができる。自分の墓地に存在するサイキック族モンスター2体をゲームから除外し、自分のデッキからカードを2枚ドローする。

サイキック族デッキになら採用可能。

「サイコ・チャージ」と違い序盤で使用しづらいカードですが、サイキック族特有のライフコストの効果を含むモンスターを多数採用していれば序盤でも発動はできます。

サイバネット・リグレッション

通常罠

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:自分がリンクモンスターの特殊召喚に成功した場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
  • その後、自分はデッキから1枚ドローする。

リンクデッキであれば採用可能。

リンクモンスターの特殊召喚なので「死者蘇生」でも発動することができます。

呪言の鏡

通常罠

  • 相手がデッキからモンスターを特殊召喚した時に発動できる。そのモンスターを破壊し、自分はデッキからカードを1枚ドローする。

デッキから特殊召喚するのが条件ですが、展開を抑えつつドローできるので枠が余っている場合に採用してもいいかもしれません。

不知火流 輪廻の陣

永続罠

  • ①:このカードは魔法&罠ゾーンに存在する限り、カード名を「不知火流 転生の陣」として扱う。
  • ②:1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
    ●自分フィールドの表側表示のアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。このターン、自分が受ける全てのダメージは0になる。
    ●除外されている自分の守備力0のアンデット族モンスター2体を対象として発動できる。そのモンスター2体をデッキに戻してシャッフルする。その後、自分はデッキから1枚ドローする。

「ワイト」などの守備力が0のキーモンスターをデッキに戻せます。

星墜つる地に立つ閃珖

通常罠

  • 「星墜つる地に立つ閃珖」は1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:特殊召喚された相手モンスターの直接攻撃宣言時、そのモンスターの攻撃力が自分のLP以上の場合に発動できる。その攻撃を無効にし、自分はデッキから1枚ドローする。
  • その後、自分のエクストラデッキ・墓地から「スターダスト」モンスター1体を選んで特殊召喚できる。

直接攻撃で負ける場面でしか発動ができませんが、ドローしつつ「スターダスト」モンスターを特殊召喚ができるので逆転できるかもしれません。

スマイル・ポーション

通常罠

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:自分フィールドにモンスターが存在せず、元々の攻撃力より高い攻撃力を持つモンスターが相手フィールドに存在する場合に発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。

攻撃力をあげるカードを採用することで、使用率をあげれます。

スポンサーリンク

         わ

第六感
(禁止カード)

通常罠

  • 自分は1から6までの数字の内2つを宣言する。相手がサイコロを1回振り、宣言した数字の内どちらか1つが出た場合、その枚数自分はカードをドローする。
  • ハズレの場合、出た目の枚数デッキの上からカードを墓地へ送る。

エラッタ後記載。

積み上げる幸福

通常罠

  • チェーン4以降に発動できる。
  • デッキからカードを2枚ドローする。
  • 同一チェーン上に複数回同名カードの効果が発動している場合、このカードは発動できない。

4枚目のチェーンで発動することができます。

4枚目と5枚目でこのカードを発動することで、4枚のドローができます。

注意:4、5、6とこのカードを発動できても4枚しかドローできません。

ディーラーズ・チョイス

通常罠

  • ①:お互いのプレイヤーは、デッキをシャッフルし、デッキから1枚ドローする。
  • その後、お互いのプレイヤーは手札を1枚選んで捨てる。

「暗黒界の取引」の罠仕様。

「SPIRAL」を相手にするときはデッキトップを変更するのに使えます。

貪欲な瓶

通常罠

  • 「貪欲な瓶」は1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:「貪欲な瓶」以外の自分の墓地のカード5枚を対象として発動できる。そのカード5枚をデッキに加えてシャッフルする。
  • その後、自分はデッキから1枚ドローする。

魔法、罠カードもデッキに戻せるので、制限カードなどの再利用しづらいカードを使用することができます。

注意:デッキが無い場合、デッキに戻せないので発動することができません。
スポンサーリンク

         わ

スポンサーリンク

         わ

便乗

永続罠

  • 相手がドローフェイズ以外でカードをドローした時に発動する事ができる。
  • その後、相手がドローフェイズ以外でカードをドローする度に、自分のデッキからカードを2枚ドローする。

相手がドローするたびにドローができます。

牽制にもつながりなるべく早く発動しておきたいですが、ドローだけのカードを相手が使わないとタイミングを逃してしまうので自分で相手にドローさせるカードを用意する必要があります。

注意:相手がカードの効果でドローしない限り発動することはできません。
発動してもそれはカードの発動であり効果の発動ではないため、ドローすることはできません。
ドローできるのは発動した後です。

フィッシャーチャージ

通常罠

  • 自分フィールド上の魚族モンスター1体をリリースし、フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。選択したカードを破壊し、デッキからカードを1枚ドローする。

魚族デッキになら採用可能。

「オイスターマイスター」をリリースすることでトークンが残ります。

注意:フィールドのカードを破壊しないとドローできません。

ブライト・フューチャー

通常罠

  • ゲームから除外されている自分のサイキック族モンスター2体を選択して発動する。選択したモンスターを墓地に戻し、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

サイキック族デッキになら採用可能。

「サイコ・トリガー」で除外したカードを戻します。

凡人の施し

通常罠

  • デッキからカードを2枚ドローし、その後手札の通常モンスター1体をゲームから除外する。
  • 手札に通常モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。

通常モンスターを採用しているデッキになら採用可能。

墓地で効果を発動できるカードを墓地に送れます。

スポンサーリンク

         わ

機甲部隊の超臨界

通常罠

  • このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
  • ①:自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターとはカード名が異なる「マシンナーズ」モンスター1体を手札・デッキから特殊召喚し、対象のモンスターを破壊する。
  • ②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、機械族モンスター3体を対象として発動できる。そのモンスターをデッキに加えてシャッフルする。
  • その後、自分はデッキから1枚ドローする。

機械族デッキであれば採用可能。

「おろかな副葬」で墓地に送って使いましょう。

豆まき

通常罠

  • ①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのレベルの数だけ自分の手札を選んで捨て、捨てた数だけ自分はデッキからドローする。
  • その後、対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。

いらないカードを墓地に送り、ドローもでき、展開も止められるかもしれないカードです。

魔妖遊行

永続罠

  • このカード名の①の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
  • ①:EXデッキ以外からアンデット族Sモンスターが特殊召喚された場合に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。以下の効果から1つを選んで適用する。
  • このターン、自分の「魔妖遊行」の効果で同じ効果を適用できない。
    ●自分はデッキから1枚ドローする。
    ●デッキから「魔妖遊行」以外の「魔妖」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。
    ●相手フィールドの攻撃力が一番低いモンスター1体を墓地へ送る。
    ●相手に800ダメージを与える。

アンデッド族シンクロモンスターを採用していれば採用可能。

特殊召喚されるだけで毎ターンドローすることができます。

スポンサーリンク

         わ

八汰烏の骸

通常罠

  • 次の効果から1つを選択して発動する。
  • 自分のデッキからカードを1枚ドローする。
  • 相手フィールド上にスピリットモンスターが表側表示で存在する場合に発動する事ができる。自分のデッキからカードを2枚ドローする。

相手にスピリットモンスターを送り付けることで、2枚ドローできます。

闇の増産工場

永続罠

  • このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送って発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

いらないモンスターを墓地に送りつつ、ドローができます。

相手ターンにも効果を使えるので、手札をよりよくすることが可能です。

闇霊術-「欲」

通常罠

  • 自分フィールド上の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。相手は手札から魔法カード1枚を見せてこのカードの効果を無効にできる。
  • 見せなかった場合、自分はデッキからカードを2枚ドローする。

「クリッター」などをリリースすれば、ドローできなくてもサーチすることができます。

幽麗なる幻滝

通常罠

  • ①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
  • デッキから幻竜族モンスター1体を手札に加える。
  • 手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、幻竜族モンスターを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。自分は墓地へ送ったモンスターの数+1枚をデッキからドローする。

幻竜族デッキになら採用可能。

サーチかドローを選べます。

スポンサーリンク

         わ

ラッキー・チャンス!

永続罠

  • コイントスを1回行う効果モンスターの効果が発動した時、コインの裏表を当てる。
  • 当たった場合、デッキからカードを1枚ドローする。

コイントスを行うモンスターを採用している場合に採用可能。

複数枚あってもチェーンが組めません。

リ・バウンド

カウンター罠

  • フィールド上のカードを手札に戻す効果を相手が発動した時に発動できる。その効果を無効にし、相手の手札・フィールド上からカードを1枚選んで墓地へ送る。
  • セットされたこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、デッキからカードを1枚ドローする。

ブラフとして破壊されればドローができ、バウンスカードが発動すれば、相手のカードを墓地に送れます。

連成する振動

永続罠

  • 「連成する振動」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分のPゾーンのカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。
  • そのカードを破壊し、その後、自分はデッキから1枚ドローする。

ペンデュラムデッキに採用可能。

ペンデュラムカードをどかす手段として用いりましょう。

遊戯王 癖ドローカード(罠)
アルケミー・サイクル ヴェンデット・リバース ギャンブル 虚無械アイン 捲怒重来 裁きの天秤 死なばもろとも 獣烈な争い 捨て身の宝札 W星雲隕石 魂の転身 ダメージ・ポラリライザー DNA定期健診 蛇龍の枷鎖 古代遺跡の目覚め 泥仕合 ハイレート・ドロー 破滅へのクイック・ドロー ヒーロー・メダル ヒロイック・ギフト 風林火山 埋蔵金の地図 無謀な欲張り ラッキーパンチ

まとめ

セットしなければ発動できないので、魔法カードには劣りますが、禁止カードが少ないことが利点かと思います。

更新は遅れますが、ここに含まれていないものがありましたら、修正しますのでコメントお願いします。

リンク先など間違っていたり、エラーが出るようでしたらこちらにコメントお願いします。

とくにアマゾン・楽天のリンク先にカードの表示がないようであれば、修正しますのでこちらにコメントお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました