キーワード別
光属性地属性水属性炎属性闇属性風属性
LVカウンタースピリットデュアルドローユニオン守備力0攻撃力0
アンデット族サイバース族ドラゴン族天使族恐竜族悪魔族戦士族植物族機械族海竜族爬虫類族雷族魔法使い族

遊戯王 癖ドローカード(モンスター)あ~さ 一覧

スポンサーリンク
この記事は約20分で読めます。

癖ドローソース
(モンスター)

このカードについて紹介していきます。

スポンサーリンク

         わ

アームド・ドラゴン・サンダー LV3

★3 光属性 ドラゴン族
攻撃力1200 守備力900

  • このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「アームド・ドラゴン LV3」として扱う。
  • ②:手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。フィールドのこのカードを墓地へ送り、手札・デッキからレベル5以下の「アームド・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚する。
  • ③:このカードがドラゴン族モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

ドラゴン族デッキで採用可能。

コストとして墓地に送られる必要があるので「アームド・ドラゴン」以外の効果では条件を整えるのが難しい印象です。

A・O・J リーサル・ウェポン

★5 闇属性 機械族
攻撃力2200 守備力800

  • このカードが戦闘によって光属性モンスターを破壊し墓地へ送った時、デッキからカードを1枚ドローする。
  • さらに、この効果でドローしたカードがレベル4以下の闇属性モンスターだった場合、そのカードを相手に見せて特殊召喚できる。

相手が光属性デッキでないとまず効果を使うことができません。

「DNA移植手術」を採用しましょう。

注意:強制効果なのでデッキがないとドローして負けます。

天照大神

★9 光属性 天使族
攻撃力3000 守備力3000 スピリット

  • このカードは召喚・特殊召喚できない。
  • ①:裏側表示のこのモンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果を相手が発動した時、このカードを表側守備表示にして発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
  • ②:このカードがリバースした場合に発動する。このカード以外のフィールドのカードを全て除外する。
  • ③:このカードがリバースしたターンのエンドフェイズに発動する。このカードを持ち主の手札に戻す。

効果の対象にしないとドローできず、手札にあることを悟られてからはドローする機会はなくなります。

イマイルカ

★2 水属性 海竜族
攻撃力1000 守備力1000

  • フィールド上のこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、自分のデッキの一番上のカードを墓地へ送る。
  • 墓地へ送ったカードが水属性モンスターだった場合、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

水属性デッキで採用可能。

墓地肥やしも可能なので、墓地効果のあるモンスターも採用しましょう。

注意:強制効果なのでデッキが無いとドローして負けます。

インフェルニティ・リローダー

★1 闇属性 戦士族
攻撃力900 守備力0

  • 自分の手札が0枚の場合、1ターンに1度、自分のデッキからカードを1枚ドローする事ができる。
  • この効果でドローしたカードをお互いに確認し、モンスターカードだった場合、そのモンスターのレベル×200ポイントダメージを相手ライフに与える。
  • 魔法・罠カードだった場合、自分は500ポイントダメージを受ける。

手札が0枚になりやすいデッキでないと採用しづらいカードです。

占い魔女 チーちゃん

★6 地属性 魔法使い族
攻撃力0 守備力0

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
  • ②:このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから1枚ドローする。

初期手札に来てしまうと腐りやすいため、デッキに戻すカードや「星呼びの天儀台」を採用しておきましょう。

エーリアン・グレイ

★3 光属性 爬虫類族
攻撃力 守備力

  • リバース:相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、Aカウンターを1つ置く。
  • また、リバースしたこのカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、デッキからカードを1枚ドローする。
  • このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、Aカウンターが乗ったモンスターは、「エーリアン」と名のついたモンスターと戦闘を行う場合、ダメージ計算時のみAカウンター1つにつき攻撃力・守備力が300ポイントダウンする。

「暗黒のミミック LV3」と違い裏守備のまま破壊されるとドローできないのが欠点です。

英知の代行者 マーキュリー

★4 光属性 天使族
攻撃力0 守備力1700

  • 相手のエンドフェイズ時に、このカードが自分フィールド上に表側表示で存在し、自分の手札が0枚だった場合、次の自分のスタンバイフェイズ時に発動する。自分のデッキからカードを1枚ドローする。

相手のエンドフェイズ時に「リビングデッド」で蘇生しておきましょう。

注意:強制効果なのでデッキがないとドローして負けます。

エヴォルド・エルギネル

★2 炎属性 爬虫類族
攻撃力0 守備力0

  • フィールド上のこのカードがリリースされ墓地へ送られた時、デッキからカードを1枚ドローする。
  • その後、手札の恐竜族モンスター1体をデッキに戻し、デッキから「エヴォルド」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

アドバンス召喚(生贄召喚)や儀式によってリリースしましょう。

注意:強制効果なのでデッキがないとドローして負けます。

エキストラケアトップス

★1 地属性 戦士族
攻撃力100 守備力100

  • このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードが墓地に存在し、EXモンスターゾーンのモンスターがメインモンスターゾーンのモンスターとの戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。このカードをその破壊されたEXモンスターゾーンのモンスターの持ち主のフィールドに守備表示で特殊召喚する。
  • ②:このカードの①の効果で特殊召喚したこのカードが破壊され墓地へ送られた場合に発動する。自分はデッキから1枚ドローする。

相手フィールドに特殊召喚して破壊するもよし、自分フィールドに特殊召喚して壁にするもよし、このカードの効果で特殊召喚しておけば、破壊するだけでドローできます。

注意:強制効果なのでデッキがないとドローして負けます。

エルフの聖剣士

★4 地属性 戦士族
攻撃力2100 守備力700

  • このカードはルール上「エルフの剣士」カードとしても扱う。
  • ①:自分の手札がある場合、このカードは攻撃できない。
  • ②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札から「エルフの剣士」モンスター1体を特殊召喚する。
  • ③:このカードの攻撃で相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。自分フィールドの「エルフの剣士」モンスターの数だけ、自分はデッキからドローする。

このカードの効果で「エルフの剣士」を2体揃えることができるのでエクシーズ召喚、リンク召喚することができます。

エレクトリック・スネーク

★3 光属性 雷族
攻撃力800 守備力900

  • このカードが相手のカードの効果によって手札から墓地へ捨てられた時、自分のデッキからカードを2枚ドローする。 

「暗黒界」などに入れると効果を発動する機会があるかもしれません。

注意:強制効果なのでデッキが無いとドローして負けます。

E・HERO バブルマン

★4 水属性 戦士族
攻撃力800 守備力1200

  • ①:手札がこのカード1枚のみの場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
  • ②:このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。
  • この効果は自分の手札・フィールドに他のカードが無い場合に発動と処理ができる。

フィールドにカードがない状態で「死者蘇生」の効果で特殊召喚してもドローできます。

オイルメン

★2 地属性 機械族
攻撃力400 守備力400 ユニオン

  • 1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に装備カード扱いとして自分フィールド上の機械族モンスターに装備、または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚できる。
  • この効果で装備カード扱いになっている場合のみ、装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、デッキからカードを1枚ドローする。
  • 1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで。装備モンスターが破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。

機械族デッキで採用可能。

フィールドにいないと装備できないので、特殊召喚するすべを用意する必要があります。

注意:強制効果なのでデッキがないとドローして負けます。

悪シノビ

★2 闇属性 戦士族
攻撃力400 守備力800

  • フィールド上に表側攻撃表示で存在するこのカードが攻撃対象に選択された時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

攻撃対象に選択されたときにドローができるので、ダメージステップに入る前に「リビングデッド」などで攻撃を巻き戻しましょう。

「和睦の使者」「立ちはだかる強敵」を使うことで、効率よくドローすることができます。

注意:強制効果なのでデッキが無いとドローして負けます。

鬼ゴブリン

★4 地属性 悪魔族
攻撃力1200 守備力1500

  • このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、自分のエンドフェイズ時に手札から通常モンスターカード1枚をデッキの一番下に戻す事で、デッキからカードを1枚ドローする事ができる。
  • この効果は1ターンに1度しか使用できない。

通常モンスターデッキで採用可能。

「ブルーアイズ」「ブラック・マジシャン」に採用するには縁遠く「トレード・イン」「七星の宝刀」を採用した方がいい。

スポンサーリンク

         わ

ガガガヘッド

★6 闇属性 魔法使い族
攻撃力2100 守備力2000

  • ①:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、このカードはリリースなしでレベル4モンスターとして召喚できる。
  • ②:このカードが召喚に成功した時、「ガガガヘッド」以外の自分の墓地の「ガガガ」モンスターを2体まで対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
  • このターン自分は「ガガガ」モンスターのみを素材としたX召喚以外の特殊召喚ができない。
  • ③:フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
    ●このX召喚に成功した場合に発動する。自分はデッキから1枚ドローする。

★4、★6のエクシーズ召喚に使えます。

注意:強制効果なのでデッキがないとドローして負けます。

瓶亀

★4 水属性 爬虫類族
攻撃力200 守備力2100

  • このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、「強欲な瓶」が発動する度に自分のデッキからカードを1枚ドローする。

「強欲な瓶」を採用している場合に採用可能。

守備力が高いので発動する機会は充分あると思います。

注意:強制効果なのでデッキが無いとドローして負けます。

仮面魔道士

★4 闇属性 魔法使い族
攻撃力900 守備力1400

  • このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

攻撃力をあげて「立ちはだかる強敵」を使いましょう。

注意:強制効果なのでデッキが無いとドローして負けます。

凶星の魔術師

★4 闇属性 魔法使い族
攻撃力1800 守備力300

  • ①:1ターンに1度、手札を1枚捨て、自分または相手のPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、自分はデッキから1枚ドローする。

ペンデュラムデッキで採用可能。

ペンデュラムデッキの頻度が下がってきてる印象なので、使い道が少ないと思います。

儀式魔人プレサイダー

★4 闇属性 悪魔族
攻撃力1800 守備力1400

  • 儀式召喚を行う場合、その儀式召喚に必要なレベル分のモンスター1体として、自分の墓地のこのカードをゲームから除外できる。
  • このカードを儀式召喚に使用した儀式モンスターが戦闘によってモンスターを破壊した場合、その儀式モンスターのコントローラーはデッキからカードを1枚ドローする。

儀式デッキで採用可能。

攻撃力が高いタイプの儀式であれば、ドローするタイミングはあります。

注意:強制効果なのでデッキがないとドローして負けます。

幸運の笛吹き

★4 風属性 天使族
攻撃力1500 守備力500 デュアル

  • このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、通常モンスターとして扱う。
  • フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
  • このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

デュアルなためドロー目的での採用は考えづらいです。

注意:強制効果なのでデッキがないとドローして負けます。

ゴブリン陽動部隊

★4 闇属性 戦士族
攻撃力1000 守備力0

  • このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、自分のデッキからカードを1枚ドローする事ができる。
  • このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になり、次の自分のターンのエンドフェイズ時まで表示形式を変更する事ができない。

デメリットを考えると、無理に攻撃力を上げるのももったいないです。

注意:強制効果なのでデッキがないとドローして負けます。
スポンサーリンク

         わ

サイバー・ウロボロス

★2 闇属性 機械族
攻撃力100 守備力600

このカードがゲームから除外された時、手札のカード1枚を墓地に送る事で、デッキからカードを1枚ドローする。

除外するカードがあるデッキでなら採用も検討できます。

注意:強制効果なのでデッキがないとドローして負けます。

サイバーデーモン

★4 闇属性 悪魔族
攻撃力1000 守備力2000

  • 自分のドローフェイズ開始時に自分の手札が0枚だった場合、通常のドローに加えてもう1枚ドローする。
  • 自分のエンドフェイズ時に自分の手札が1枚以上存在していた場合、このカードを破壊する。

魔法・罠で成り立っているデッキでは採用しやすいかもしれません。

注意:強制効果なのでデッキがないとドローして負けます。

サクリボー

★1 闇属性 悪魔族
攻撃力300 守備力200

  • ①:このカードがリリースされた場合に発動する。自分はデッキから1枚ドローする。
  • ②:自分のモンスターが戦闘で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

「痛み分け」「エネミーコントーラー」のコストに使いましょう。

注意:強制効果なのでデッキが無いとドローして負けます。

不知火の武部

★4 炎属性 アンデッド族
攻撃力1500 守備力0

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。手札・デッキから「妖刀-不知火」モンスター1体を特殊召喚する。
  • この効果の発動後、ターン終了時まで自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。
  • ②:このカードが除外された場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
  • その後、手札を1枚選んで捨てる。

「不知火流 燕の太刀」を使えばデッキから除外できます。

森羅の仙樹 レギア

★8 炎属性 植物族
攻撃力2700 守備力1800

  • 1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。自分のデッキの一番上のカードをめくる。めくったカードが植物族モンスターだった場合、そのモンスターを墓地へ送り、デッキからカードを1枚ドローする。
  • 違った場合、そのカードをデッキの一番下に戻す。
  • また、デッキのこのカードがカードの効果によってめくられて墓地へ送られた場合、自分のデッキの上からカードを3枚まで確認し、好きな順番でデッキの上に戻す。

植物族デッキで採用可能。

上級モンスターであることを除けば、ドローできないことがあるくらいのデメリットのないモンスターです。

時械神ザフィオン

★10 水属性 天使族
攻撃力0 守備力0

  • このカードはデッキから特殊召喚できない。
  • ①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードはリリースなしで召喚できる。
  • ②:このカードは戦闘・効果では破壊されず、このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
  • ③:このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に発動する。相手フィールドの魔法・罠カードを全てデッキに戻す。
  • ④:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
  • ⑤:自分スタンバイフェイズに発動する。このカードを持ち主のデッキに戻す。

戦闘・効果で破壊できないので、墓地に送る方法を用意する必要があります。

ジュラック・デイノ

★3 炎属性 恐竜族
攻撃力1700 守備力800 チューナー

  • このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊したターンのエンドフェイズ時に1度だけ、自分フィールド上の「ジュラック」と名のついたモンスター1体をリリースして発動できる。デッキからカードを2枚ドローする。

このカードの攻撃力が高いため戦闘破壊は可能ですが、このカードを単体で採用している場合は、リリース手段が本体しかないため、ドローできますがフィールドががら空きになります。

SPYGAL-ミスティ

★4 闇属性 魔法使い族
攻撃力1500 守備力1600

  • ①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。相手のデッキの一番上のカードをお互いに確認し、宣言した種類のカードだった場合、自分はデッキから1枚ドローする。
  • ②:1ターンに1度、自分フィールドの「SPYRAL-ダンディ」1体と相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスター2体を持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

ギャンブルカードとして採用。

スワップリースト

★2 地属性 サイバース族
攻撃力500 守備力1000

  • このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。このカードをリンク素材としたリンクモンスターの攻撃力は500ダウンする。
  • その後、自分はデッキから1枚ドローする。

リンクモンスターを続けてリンク素材にする場合は、デメリットが気になりません。

まとめ

ギャンブル的や効果を発動するために準備が必要なカードばかりです。

ほとんどのドローできるモンスターカードを紹介することができたと思います。

ここに含まれていないカードは、テーマによるものだと思いますのでそちらで確認してください。

更新は遅くなってしまいますが、古いカードでドロー効果なのにここに含まれていない場合には、修正しますのでコメントお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました