※お願い

サイト名を「遊戯極」に変更しました。
ブックマークお願いします。
現在、サイト名を変更しましたが「のどかさんち」でもヒットします。
「遊戯極」でもヒットできますがブックマークをよろしくお願いします。
リンク先が間違っている場合もありますので、コメントよろしくお願します。
モバイル版では見づらい場合もありますので、PC版に設定して閲覧することもおすすめします。

レガシー技

癖ドローカード(モンスター)

この記事は約8分で読めます。

癖ドローソース
(モンスター)

ドローするために入れるのには少しきついかもしれません。

スポンサーリンク

癖カード

条件が良ければいいでしょうが、基本的に採用しないと思います。

地母神アイリス

★6 光属性 天使族
攻撃力2400 守備力1200

  • チェーンが3つ積まれた場合、自分のデッキからカードを1枚ドローする。
  • 同一チェーン上に複数回同名カードの効果が発動されている場合、この効果は発動できない。

ターン制限が無いので、3チェーンの度にドローができます。

注意:強制効果のため、デッキが無いと負けます。

エレクトリック・スネーク

★3 光属性 雷族
攻撃力800 守備力900

  • このカードが相手のカードの効果によって手札から墓地へ捨てられた時、自分のデッキからカードを2枚ドローする。 

「暗黒界」などに入れると効果を発動する機会があるかもしれません。

注意:強制効果なので、デッキが無いと負けます。

悪シノビ

★2 闇属性 戦士族
攻撃力400 守備力800

  • フィールド上に表側攻撃表示で存在するこのカードが攻撃対象に選択された時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

攻撃対象に選択されたときにドローができるので、ダメージステップに入る前に「リビングデッド」などで攻撃を巻き戻しましょう。

「和睦の使者」、「立ちはだかる強敵」を使うことで、効率よくドローすることができます。

注意:強制効果なので、デッキが無いと負けます。

強欲な壺の精霊

★1 光属性 天使族
攻撃力100 守備力100

  • このカードがフィールド上に表側攻撃表示で存在する時に「強欲な壺」を発動した場合、「強欲な壺」を発動したプレイヤーはカードをもう1枚ドローする事ができる。

「強欲な壺」が禁止カードのため、効果を使用することができません。

「壺盗み」と違いモンスターなので、別の使い道があるかもしれません。

灼熱ゾンビ

★4 炎属性 炎族
攻撃力1600 守備力400

  • このカードが墓地からの特殊召喚に成功した時、自分はデッキからカードを1枚ドローする。

★4であるため手札で腐りづらく、1枚入れておくだけで特殊召喚できる機会があると思います。

注意:強制効果なので、デッキが無いと負けます。

スワップリースト

★2 地属性 サイバース族
攻撃力500 守備力1000

  • このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。このカードをリンク素材としたリンクモンスターの攻撃力は500ダウンする。
  • その後、自分はデッキから1枚ドローする。

リンクモンスターを続けてリンク素材にする場合は、デメリットが気になりません。

タン・ツイスター

★6 闇属性 悪魔族
攻撃力400 守備力300

  • アドバンス召喚したこのカードがフィールド上から墓地へ送られた時、自分のデッキからカードを2枚ドローする。
  • この効果を発動した場合、このカードをゲームから除外する。

強制効果なので、アドバンス召喚さえすればドローできます。

注意:エクシーズ素材になるとドローできません。

ヂェミナイ・デビル

★4 闇属性 悪魔族
攻撃力1000 守備力1000

  • 自分の手札を捨てる効果を含むカードを相手が発動した時、このカードを手札から墓地に送る事でその発動と効果を無効にし、そのカードを破壊した後自分のデッキからカードを1枚ドローする。

手札破壊デッキに対してなら採用しやすいです。

通販売員

★2 光属性 戦士族
攻撃力200 守備力200

  • ①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。お互いのプレイヤーは、それぞれ手札1枚を相手に見せる。見せたカードが同じ種類だった場合、その種類によって以下の効果を適用する。
  • モンスター:お互いのプレイヤーは、それぞれ見せたモンスターを特殊召喚できる。
  • 魔法:お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから2枚ドローする。
  • 罠:お互いのプレイヤーは、それぞれデッキからカード2枚を選んで墓地へ送る。

ドローを目的にするなら、絶対に魔法カードを見せましょう。

「墓穴の道連れ」などで相手の手札を確認しつつ、このカードの条件に合ったカードを手札に残しましょう。

壺魔神

★3 地属性 岩石族
攻撃力1200 守備力1300

  • 手札から「強欲な壺」1枚を墓地へ送る。自分のデッキからカードを3枚ドローする。

「強欲な壺」が禁止カードのため効果を発動することができません。

★3地属性岩石族な面から、利用価値が見つかるかもしれません。

デスペラード・リボルバー・ドラゴン

★8 闇属性 機械族
攻撃力2800 守備力2200

  • ①:自分フィールドの機械族・闇属性モンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
  • ②:1ターンに1度、自分・相手のバトルフェイズに発動できる。コイントスを3回行う。表が出た数までフィールドの表側表示モンスターを選んで破壊する。
  • 3回とも表だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローする。
  • この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
  • ③:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。コイントスを行う効果を持つレベル7以下のモンスター1体をデッキから手札に加える。

コイントスが必要ですが、表が出れば確実に表側表示のカードを破壊することができます。

トマボー

★3 闇属性 植物族
攻撃力1400 守備力800

  • このカード以外のフィールド上の植物族モンスター1体が相手の魔法・罠カードの効果の対象になった時、このカードをリリースして発動できる。デッキからカードを2枚ドローする。

植物族デッキに採用可能。

効果の適応は難しいですが、成功すれば2枚ドローすることができます。

ニトロ・シンクロン

★2 炎属性 機械族
攻撃力300 守備力100 チューナー

  • このカードが「ニトロ」と名のついたシンクロモンスターのシンクロ召喚に使用され墓地へ送られた場合、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

現在「ニトロ・ウォリアー」しか「ニトロ」シンクロモンスターはいません。

「クイック・シンクロン」の方がシンクロ召喚しやすいため、わざわざこのカードを採用する必要もありません。

白兵戦型お手伝いロボ

★4 光属性 機械族
攻撃力1600 守備力0

  • このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊する度に、自分はカードを1枚ドローした後手札からカードを1枚選択してデッキの一番下に戻す。

攻撃力をあげ、「立ちはだかる強敵」を使うことで、大量ドローを狙えるかもしれません。

注意:強制効果なので、デッキが無いと負けます。

ハチビー

★1 風属性 昆虫族
攻撃力500 守備力400

  • このカードと自分フィールド上に表側表示で存在する「ハチビー」以外の昆虫族モンスター1体をリリースして発動する。自分のデッキからカードを2枚ドローする。

デメリットになってしまったモンスターを排除するのに使えます。

バッド・エンド・クイーン・ドラゴン

★6 闇属性 ドラゴン族
攻撃力1900 守備力2600 特殊召喚

  • このカードは通常召喚できない。
  • 自分フィールド上の永続魔法カードが3枚以上の場合に特殊召喚できる。
  • このカードの攻撃によって相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、相手は手札を1枚選んで墓地へ送り、自分はデッキからカードを1枚ドローする。
  • このカードがフィールド上から墓地へ送られていた場合、自分のスタンバイフェイズ時に、自分フィールド上に表側表示で存在する永続魔法カード1枚を墓地へ送る事で、このカードを墓地から特殊召喚する。

攻撃しないと効果を発動することができないので、攻撃力をあげるカードを採用しましょう。

黒薔薇の魔女

★4 闇属性 魔法使い族
攻撃力1700 守備力1200 チューナー

  • このカードは特殊召喚できない。
  • ①:自分フィールドに他のカードが存在せず、このカードが召喚に成功した場合に発動する。自分はデッキから1枚ドローし、お互いに確認する。それがモンスター以外だった場合、そのカードは墓地へ送られ、このカードは破壊される。

自身が無いときは、召喚するのを控えましょう。

基本的にはチューナーモンスターとして運用していきます。

フラボット

★3 地属性 植物族
攻撃力1500 守備力800

  • ①:このカードが墓地へ送られた場合に発動する。自分はデッキから1枚ドローする。
  • その後、手札を1枚持ち主のデッキの一番上に戻す。

デッキトップに戻してしまうので、次のターンに手札に加わってしまうことを考えると、いらないカードを戻すには向いていないカードです。

注意:強制効果なので、デッキが無いと負けます。

フリック・クラウン

★4 闇属性 サイバース族
攻撃力1000 守備力1400

  • このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分フィールドにこのカード以外のサイバース族モンスターが2体以上存在し、自分の手札が0枚の場合、1000LPを払って発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

1000払ってまでドローする必要があるか考えどこです。

フレイム・オーガ

★7 炎属性 悪魔族
攻撃力2400 守備力1700

  • このカードは特殊召喚できない。
  • このカードの召喚に成功した時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

アドバンス召喚(いけにえ召喚)する必要が無いので、「スター・ブラスト」や「始皇帝の陵墓」でもドローすることができます。

マッド・リローダー

★1 闇属性 悪魔族
攻撃力0 守備力0

  • ①:このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。手札を2枚選んで墓地へ送り、自分はデッキから2枚ドローする。

手札が2枚以上ないと発動できません。

注意:強制効果なので、手札が2枚以上あって、デッキが無いと負けます。

みつこぶラクーダ

★3 地属性 獣族
攻撃力500 守備力1500

  • 「みつこぶラクーダ」が自分フィールド上に表側表示で3体存在する場合、その内2体を生け贄に捧げる事でカードを3枚ドローする。

「地獄の暴走召喚」を使うと効果を使いやすいです。

レイテンシ

★1 光属性 サイバース族
攻撃力0 守備力0

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードが効果で自分の墓地から手札に加わった場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
  • ②:このカードの①の効果で特殊召喚したこのカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

ドロー目的よりも特殊召喚目的で採用する方がいいかもしれません。

まとめ

ほとんどのドローできるモンスターカードを紹介することができたと思います。

ここに含まれていないカードは、テーマによるものだと思いますのでそちらで確認してください。

更新は遅くなってしまいますが、古いカードでドロー効果なのにここに含まれていない場合には、修正しますのでコメントお願いします。

コメント

カテゴリー

1ヶ月無料登録
1ヶ月無料登録
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました