テーマ別
闇属性
リンク
速攻魔法魔法
天使族

遊戯王 禁じられた 一覧

スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。

禁じられた

このカードについて紹介していきます。

スポンサーリンク

モンスター

モンスター 魔法 その他

失楽の魔女

★4 闇属性 天使族
攻撃力100 守備力2000

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「禁じられた」速攻魔法カード1枚を手札に加える。
  • ②:相手メインフェイズに、このカードをリリースして発動できる。デッキから「失楽の魔女」以外の天使族・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。

攻撃表示で召喚しサーチ効果を使っても、相手ターンにデッキから★4モンスターを特殊召喚できるので、安心して召喚できます。

失楽の聖女

★4 光属性 天使族
攻撃力100 守備力2000

  • このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
  • ①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は相手ターンに速攻魔法カード1枚を手札から発動できる。

「オネスト」で守りつつ「禁じられた」カードをセット破壊されずに使用できます。

スポンサーリンク

魔法

モンスター 魔法 その他

禁じられた聖杯

速攻魔法

  • ①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターはターン終了時まで、攻撃力が400アップし、効果は無効化される。

相手モンスターの効果にチェーンして発動するか「クリフォート」など自身の効果で攻撃力が減っているモンスターに発動しましょう。

禁じられた聖槍

速攻魔法

  • ①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターはターン終了時まで、攻撃力が800ダウンし、このカード以外の魔法・罠カードの効果を受けない。

ダメ―ジステップ時にに攻撃力を下げるか、自分のモンスターを魔法、罠カードから守るのに使いましょう。

禁じられた聖典

速攻魔法

  • ①:お互いのモンスターが戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。ダメージステップ終了時まで、このカード以外のフィールドのカードの効果は無効化され、その戦闘のダメージ計算は元々の攻撃力・守備力で行う。

「ワイトキング」などの攻撃力が変動するモンスターや「オネスト」などで攻撃力が上がる光属性デッキなどを相手にする時に採用しましょう。

禁じられた聖衣

速攻魔法

  • ①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。ターン終了時までそのモンスターは、攻撃力が600ダウンし、効果の対象にならず、効果では破壊されない。

4枚目以降の「聖槍」として採用できます。

速攻魔法

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:自分の手札・フィールドから、このカード以外のカードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。その数だけ相手フィールドの効果モンスターを選ぶ。そのモンスターはターン終了時まで、攻撃力が半分になり、効果は無効化される。
  • このカードの発動に対して、相手はこのカードを発動するために墓地へ送ったカードと元々の種類(モンスター・魔法・罠)が同じカードの効果を発動できない。

墓地に送られることで効果の発動するカードを特に優先して墓地に送りましょう。

通常モンスターを対象にすることはできませんが「青眼の白龍」「ブラック・マジシャン」デッキなどの通常モンスターが主になる相手には採用しづらいかもしれません。

スポンサーリンク

失楽カード

モンスター 魔法 その他

失楽の堕天使

リンク2 闇属性 天使族
攻撃力1600 ↙ ↘

  • 天使族モンスター2体
  • このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分がモンスター2体のリリースを必要とする天使族モンスターのアドバンス召喚をする場合、モンスター2体をリリースせずに自分の墓地からモンスター2体を除外してアドバンス召喚できる。
  • ②:手札を1枚捨てて発動できる。デッキから「堕天使」モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
  • ③:自分エンドフェイズに発動する。自分はフィールドの天使族モンスターの数×500LP回復する。

天使族デッキであればLP回復要員として採用できます。

失楽園

フィールド魔法

  • このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分のモンスターゾーンの「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」「混沌幻魔アーミタイル」は相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
  • ②:自分のモンスターゾーンに「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」「混沌幻魔アーミタイル」のいずれかが存在する場合に発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。

「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれかを採用していれば採用も検討できます。

失楽の霹靂

永続魔法

  • ①:「降雷皇ハモン」を自身の方法で特殊召喚する場合、自分フィールドの裏側表示の魔法カードを墓地へ送る事もできる。
  • ②:1ターンに1度、自分フィールドに「降雷皇ハモン」が攻撃表示で存在する場合、相手が発動した魔法・罠カードの効果を無効にできる。
  • その後、自分フィールドの「降雷皇ハモン」1体を選んで守備表示にする。
  • ③:自分フィールドの表側表示の「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれかがフィールドから離れた場合に発動する。
  • このターン、自分が受ける全てのダメージは0になる。

「ハモン」を採用していれば特に採用。

まとめ

「禁じられた」シリーズは数少なく、コンセプトによって使用するカードが異なりますが、天使族デッキであれば「失楽の魔女」を採用しやすい傾向にあり、サイドデッキに控えてあってもいいと思います。

更新が遅れますが、ここに含まれていないカードがありましたら、修正しますのでコメントお願いします。

リンク先など間違っていたり、エラーが出るようでしたらこちらにコメントお願いします。

とくにアマゾン・楽天のリンク先にカードの表示がないようであれば、修正しますのでこちらにコメントお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました