キーワード別
サーチドロー制限カード魔力カウンター

遊戯王 汎用サーチカード(罠)

スポンサーリンク
この記事は約11分で読めます。

サーチソース(罠)

このカードについて紹介していきます。

スポンサーリンク

   た な    ら わ

明と宵の逆転

永続罠

  • 以下の効果から1つを選択して発動できる。「明と宵の逆転」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • 手札から戦士族・光属性モンスター1体を墓地へ送る。その後、そのモンスターと同じレベルの戦士族・闇属性モンスター1体をデッキから手札に加える。
  • 手札から戦士族・闇属性モンスター1体を墓地へ送る。その後、そのモンスターと同じレベルの戦士族・光属性モンスター1体をデッキから手札に加える。

光属性、闇属性の戦士族モンスターを採用している場合に採用可能。

相手ターンにも発動することができるため、墓地肥やしにも次のターンの準備にもなります。

アームズ・コール

通常罠

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:デッキから装備魔法カード1枚を手札に加える。
  • その後、そのカードを装備可能な自分フィールドのモンスター1体を選び、そのモンスターに装備できる。

装備魔法があれば採用可能。

このカードの効果で装備ができるので、装備魔法自体のコストが必要ありません。

一か八か

通常罠

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:自分のLPが相手より少ない場合に発動できる。自分のデッキの一番上のカードをお互いに確認し、レベルが1または8のモンスターだった場合、そのモンスターを手札に加えるか特殊召喚する。
  • 違った場合、相手は以下の効果から1つを選んで適用できる。
    ●このカードのコントローラーのLPを1000にする。
    ●このカードのコントローラーから見て相手のLPを8000になるまで回復する。

★1・★8デッキで特に採用可能。

「シモッチ」を発動することによって、デメリット効果をLPを1000にするか適応を選ぶしかありません。

オルフェゴール・クリマクス

カウンター罠

  • このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
  • ①:自分フィールドに「オルフェゴール」リンクモンスターが存在し、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にし除外する。
  • ②:墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキのモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、機械族・闇属性モンスター1体を選んで手札に加える。
  • この効果を発動するターン、自分は機械族・闇属性モンスターしか特殊召喚できない。

機械族・闇属性デッキで採用可能。

「おろかな副葬」によって墓地に送りましょう。

スポンサーリンク

   た な    ら わ

キャッチ・コピー

通常罠

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:相手の効果によって、相手がドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。自分はデッキからカード1枚を選び、お互いに確認して手札に加える。
  • このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの効果の発動ができない。

最後の一枚の「エクゾディア」を揃えるのに使えます。

苦渋の黙札

通常罠

  • ①:自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。リリースしたモンスターと元々のカード名が異なり、元々の種族・属性・レベルが同じモンスター1体を自分のデッキ・墓地から選んで手札に加える。

相手の破壊効果などの対象になったときに使うことで、ただ破壊されるだけでなくなります。

スポンサーリンク

   た な    ら わ

サイバース・ビーコン

通常罠

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:戦闘または相手の効果で自分がダメージを受けたターンに発動できる。デッキからレベル4以下のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

サイバース族デッキに採用可能。

ダメージを受けることで発動できるので、自分のターンに突攻して、メインフェイズ2に備えましょう。

サブテラーの継承

通常罠

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:以下の効果から1つを選択して発動できる。発動後このカードは墓地へ送らず、そのままセットする。
    ●手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、モンスター1体を選んで墓地へ送り、同じ属性でカード名が異なるリバースモンスター1体をデッキから手札に加える。
    ●手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、リバースモンスター1体を選んで墓地へ送り、同じ属性で元々のレベルが低いモンスター1体をデッキから手札に加える。

リバースモンスターを採用していると採用可能。

地属性「サブテラーマリス・バレスアッシュ」
水属性「占術姫クリスタルウンディーネ」
炎属性「影依の炎核 ヴォイド」
風属性「ウェポンサモナー」
闇属性「ティンダングル・ハウンド」
光属性「ワーム・ヴィクトリー」

属性別の一番★が高いリバースモンスターです。(※2021年8月)

ジェネレーション・チェンジ

通常罠

  • 自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して破壊する。
  • その後、デッキから破壊したカードと同名のカード1枚を手札に加える。

破壊してサーチするため、破壊されたときに発動する効果も発動することができます。

素早きは三文の徳

通常罠

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:自分フィールドのモンスターがトークン以外の同名モンスター3体のみの場合に発動できる。デッキから3体の同名モンスターを手札に加える。
  • このカードの発動後、ターン終了時まで自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、そのモンスター効果は発動できない。

手札コスト要員として、サーチしましょう。

スポンサーリンク

   た な    ら わ

融合準備

通常罠

  • ①:EXデッキの融合モンスター1体を相手に見せ、そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体をデッキから手札に加える。
  • その後、自分の墓地から「融合」1枚を選んで手札に加える事ができる。

「融合」が入っていなくてもサーチすることができます。

注意:融合モンスターにモンスター名が記されていないと、サーチできません。

ペア・ルック

通常罠

  • ①:お互いのデッキの一番上のカードをお互いに確認し、そのカードが同じ種類(モンスター・魔法・罠)だった場合、お互いはそのカードを手札に加える。
  • 違った場合、お互いはそのカードを除外する。

サーチカードではありませんが、デッキトップを操作すれば手札に加えられる可能性があります。

ペンデュラム・ディメンション

永続罠

  • ①:このカードが既に魔法&罠ゾーンに存在する状態で、自分がPモンスターを素材として以下のモンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる。このターン、自分の「ペンデュラム・ディメンション」の効果で同じ効果を適用できない。
    ●融合:デッキから元々のレベルがその融合モンスターと同じモンスター1体を効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
    ●S:デッキから「融合」1枚を手札に加える。
    ●X:デッキからそのXモンスターのランクの数値以下のレベルを持つチューナー1体を手札に加えるか特殊召喚する。

ペンデュラムデッキで採用可能。

エクシーズ召喚することで「灰流うらら」「エフェクト・ヴェーラー」などをサーチできます。

スポンサーリンク

   た な    ら わ

魔導変換

永続罠

  • このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、相手モンスターの効果が発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
  • ②:魔力カウンターが6つ以上置かれているこのカードを墓地へ送って発動できる。デッキから魔法カード1枚を手札に加える。

展開をするのにモンスター効果が欠かせなくなっているので、相手の展開を妨げることにつながります。

魔製産卵床

通常罠

  • 自分フィールド上に表側表示で存在する魚族・海竜族・水族モンスターがゲームから除外された時に発動する事ができる。自分のデッキからレベル4以下の魚族・海竜族・水族モンスター1体を手札に加える。

魚族、水族、海竜族デッキに採用可能。

「フェンリル」「水の精霊 アクエリア」の効果で除外できます。

メタバース
(制限カード)

通常罠

  • ①:デッキからフィールド魔法カード1枚を選び、手札に加えるか自分フィールドに発動する。

相手ターンにフィールド魔法を発動できます。

モンスターアソート

通常罠

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:種族・属性・レベルが同じとなる、通常モンスター1体と効果モンスター1体をデッキから選んで相手に見せ、相手はその中からランダムに1体選ぶ。そのモンスター1体を自分の手札に加え、残りをデッキに戻す。

「青眼」「ブラック・マジシャン」などのデッキで採用しやすいカードです。

スポンサーリンク

   た な    ら わ

幽麗なる幻滝

通常罠

  • ①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
  • デッキから幻竜族モンスター1体を手札に加える。
  • 手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、幻竜族モンスターを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。自分は墓地へ送ったモンスターの数+1枚をデッキからドローする。

幻竜族デッキになら採用可能。

幻竜族を墓地に送ってドローするか、幻竜族をサーチするか状況によって変えられます。

まとめ

ドロー罠カードに比べれば、種類が少ないサーチ罠カードですが、効果によっては手札誘発カードを手札に加えられる効果もあるという点でドローよりも利点な部分はあります。

更新は遅れますが、ここに含まれていないものがありましたら、修正しますのでコメントお願いします。

リンク先など間違っていたり、エラーが出るようでしたらこちらにコメントお願いします。

とくにアマゾン・楽天のリンク先にカードの表示がないようであれば、修正しますのでこちらにコメントお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました