テーマ別
闇属性
エクシーズシンクロリンク儀式融合
ドラゴン族

遊戯王 ヴァレル 一覧

スポンサーリンク
この記事は約13分で読めます。

ヴァレル

このカードについて紹介していきます。

スポンサーリンク

エクストラ

ヴァレット エクストラ
魔法 

ショートヴァレル・ドラゴン

リンク2 闇属性 ドラゴン族
攻撃力800 ← →

  • 「ヴァレット」モンスター2体
  • このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ヴァレル」リンクモンスターが存在する場合、自分フィールドのリンク3以下のモンスター1体をリリースして発動できる。このカードを特殊召喚する。
  • この効果で特殊召喚したこのカードは、リリースしたモンスターとリンクマーカーの数が同じモンスターのリンク素材にできない。

「ヴァレル」リンクモンスターにリンク1がないので、別にリンク1のモンスターを用意する必要がり「ヴァレル」リンクモンスターがいないと効果が使えないので、エクストラデッキの枚数によっては必要がないかもしれません。

ソーンヴァレル・ドラゴン

リンク2 闇属性 ドラゴン族
攻撃力1000 ← ↓

  • 「ヴァレット」モンスターを含むドラゴン族モンスター2体
  • このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:手札を1枚捨て、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。
  • この効果でリンクモンスターを破壊した場合、さらにそのリンクマーカーの数まで自分の手札・墓地から「ヴァレット」モンスターを選んで特殊召喚できる(同名カードは1枚まで)。
  • この効果の発動後、ターン終了時まで自分はリンク2以下のモンスターをEXデッキから特殊召喚できない。

このカードを破壊対象にすることで、エクシーズ・シンクロ召喚につなげられます。

ヴァレルコード・ドラゴン

リンク3 闇属性 ドラゴン族
攻撃力2500 ↙ ↑ ↘

  • 効果モンスター2体以上
  • このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:リンクモンスターのリンク先のこのカードは効果では破壊されない。
  • ②:モンスター3体を素材としてリンク召喚したこのカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。フィールドのモンスターを全て破壊する。
  • ③:墓地のこのカードを除外して発動できる。フィールドの攻撃力3000以上の闇属性モンスター1体を選んで除外し、自分のEXデッキ・墓地から「トポロジック」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

「ヴァレット」モンスターは破壊されることでデッキからの特殊召喚が可能なので、躊躇なく効果を使いましょう。

ヴァレルガード・ドラゴン

リンク4 闇属性 ドラゴン族
攻撃力3000 ↑ ↓ ↘ →

  • 効果モンスター3体以上
  • ①:このカードは効果では破壊されない。
  • ②:1ターンに1度、自分の魔法&罠ゾーンのカード1枚を墓地へ送って発動できる。このターンに破壊され自分または相手の墓地へ送られたモンスター1体を選び、効果を無効にして自分フィールドに特殊召喚する。
  • ③:1ターンに1度、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを表側守備表示にする。この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
  • この効果は相手ターンでも発動できる。

「ヴァレット」モンスターを対象にしたり相手の攻撃を止めたり使いどころはあります。

ヴァレルソード・ドラゴン

リンク4 闇属性 ドラゴン族
攻撃力 3000 ← ↙ ↑ ↓

  • 効果モンスター3体以上
  • ①:このカードは戦闘では破壊されない。
  • ②:1ターンに1度、攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示にする。このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。この効果の発動に対して相手は効果を発動できない。
  • この効果は相手ターンでも発動できる。
  • ③:1ターンに1度、このカードが表側表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。ターン終了時まで、このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力の半分アップし、そのモンスターの攻撃力は半分になる。

ダメージステップで発動する効果を除けば、戦闘での勝利は間違いなし。

ヴァレルロード・ドラゴン

リンク4 闇属性 ドラゴン族
攻撃力3000 ← ↙ ↘ →

  • 効果モンスター3体以上
  • ①:このカードはモンスターの効果の対象にならない。
  • ②:1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
  • この効果は相手ターンでも発動できる。
  • ③:このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。
  • そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。

攻撃力・守備力ダウンの効果は永続なので毎ターン攻撃力を下げ続けることができます。

ヴァレルエンド・ドラゴン

★5 闇属性 ドラゴン族
攻撃力3500 ← ↙ ↑ ↘ →

  • 効果モンスター3体以上
  • このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:フィールドのこのカードは戦闘・効果では破壊されず、モンスターの効果の対象にならない。
  • ②:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
  • ③:フィールドの効果モンスター1体と自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。対象のフィールドのモンスターの効果を無効にし、対象の墓地のモンスターを特殊召喚する。この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
  • この効果は相手ターンでも発動できる。

効果モンスター3体以上で出せる利点と「ヴァレット」モンスターを採用しているとモンスター効果を無効にして展開を止められます。

ヴァレルロード・R・ドラゴン

★8 闇属性 ドラゴン族
攻撃力3000 守備力2500

  • 「ヘヴィ・トリガー」により降臨。
  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。
  • その後、このカードまたは自分フィールドの「ヴァレット」モンスター1体を選んで破壊する。
  • ②:このカードが墓地に存在する場合、自分の墓地の、「ヴァレル」モンスターまたは「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。自分の手札・フィールドのカード1枚を選んで破壊し、対象のモンスターを手札に加える。

儀式召喚せずとも、墓地にいるだけで役立ちます。

ヴァレルロード・X・ドラゴン

ランク4 闇属性 ドラゴン族
攻撃力3000 守備力2500

  • ドラゴン族・闇属性レベル4モンスター×2
  • ①:X召喚したこのカードは他のモンスターの効果の対象にならない。
  • ②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力は600ダウンする。
  • その後、自分の墓地から「ヴァレル」モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
  • この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。
  • この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できず、直接攻撃できない。

出しやすく・デメリットも少なく・一番攻撃力の高いランク4モンスターです。

ヴァレルロード・S・ドラゴン

★8 闇属性 ドラゴン族
攻撃力3000 守備力2500

  • チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
  • このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。自分の墓地からリンクモンスター1体を選び、装備カード扱いとしてこのカードに装備し、そのリンクマーカーの数だけこのカードにヴァレルカウンターを置く。
  • ②:このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力の半分アップする。
  • ③:相手の効果が発動した時、このカードのヴァレルカウンターを1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。

攻撃力が上がるので戦闘破壊が難しくなりますが、カウンターがあると効果破壊も無効にできるので厄介なモンスターです。

ヴァレルロード・F・ドラゴン

★8 闇属性 ドラゴン族
攻撃力3000 守備力2500

  • ドラゴン族・闇属性モンスター×2
  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分フィールドのモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
  • この効果は相手ターンでも発動できる。
  • ②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の闇属性リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
  • この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。

一部の「ヴァレット」モンスターを対象にすることで、毎ターン破壊効果を発動できます。

スポンサーリンク

魔法

ヴァレット エクストラ
魔法 

ヴァレル・サプライヤー

永続魔法

  • このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分フィールドに「ヴァレル」リンクモンスターが存在する場合、自分・相手のスタンバイフェイズに自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
  • この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

破壊されることで効果を発動するモンスターを優先的に特殊召喚しましょう。

ヘヴィ・トリガー

儀式魔法

  • 「ヴァレルロード・R・ドラゴン」の降臨に必要。
  • ①:レベルの合計が8以上になるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリース、またはリリースの代わりに自分の手札・フィールドの「ヴァレット」モンスターを破壊し、手札から「ヴァレルロード・R・ドラゴン」を儀式召喚する。
  • この効果で特殊召喚したモンスターはEXデッキから特殊召喚されたモンスターとの戦闘では破壊されず、EXデッキから特殊召喚されたモンスターが発動した効果を受けない。

「儀式魔人」を採用して性能を上げましょう。

ベイオネット・パニッシャー

速攻魔法

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:自分のフィールド・墓地の「ヴァレル」モンスターの種類によって、以下の効果を適用する。
  • 自分フィールドに攻撃力3000以上のモンスターが存在する場合、このカードの発動に対して相手は効果を発動できない。
    ●融合:相手フィールドのモンスター1体を選んで除外する。
    ●S:相手のEXデッキから裏側表示のカードをランダムに3枚除外する。
    ●X:相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで除外する。
    ●リンク:相手の墓地からカードを3枚まで選んで除外する。

「轟雷帝ザボルグ」の効果で墓地に4種類そろえられます。

スポンサーリンク

ヴァレット エクストラ
魔法 

ヴァレル・レフリジェレーション

通常罠

  • ①:自分フィールドの「ヴァレット」モンスター1体をリリースし、自分フィールドの「ヴァレル」リンクモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。装備モンスターは以下の効果を得る。
    ●1ターンに1度、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターは戦闘・効果では破壊されない。この効果は相手ターンでも発動できる。

効果の対象にならないモンスターを戦闘・効果破壊から守れます。

ガンスリンガー・エクスキューション

永続罠

  • このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分・相手のバトルフェイズに、自分の墓地から闇属性リンクモンスター1体を除外し、自分フィールドの「ヴァレル」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、このカードを発動するために除外したモンスターの攻撃力分アップする。

「オネスト」の警戒くらいでまず勝てると思います。

まとめ

「ヴァレル」がないと発動できない「ヴァレット」に対する効果もありますが採用しなければ「ヴァレル」自体は必要ありません。

「ヴァレット」カードだけでは戦力が不足しがちなので、他にいいカードがなければ「ヴァレル」を採用しておきましょう。

更新は遅れますが、ここに含まれていないものがありましたら、修正しますのでコメントお願いします。

リンク先など間違っていたり、エラーが出るようでしたらこちらにコメントお願いします。

とくにアマゾン・楽天のリンク先にカードの表示がないようであれば、修正しますのでこちらにコメントお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました