キーワード別
光属性闇属性
融合
サーチ墓地肥やし通常モンスター
ドラゴン族魔法使い族

遊戯王 ロード・オブ・ドラゴン 一覧

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

ロード・オブ・ドラゴン

このカードについて紹介していきます。

スポンサーリンク

モンスター

モンスター サポート

ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者−

★4 闇属性 魔法使い族
攻撃力1200 守備力1100

  • ①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いのプレイヤーはフィールドのドラゴン族モンスターを効果の対象にできない。

ドラゴン族デッキで採用可能。

ドラゴン族を効果から守るだけでなく、相手のドラゴン族モンスターに装備カードを装備させることも防げます。

ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統制者-

★4 闇属性 魔法使い族
攻撃力1200 守備力1100

  • ①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-」として扱う。
  • ②:このカードが召喚に成功した時、手札から魔法・罠カード1枚を捨てて発動できる。デッキから「ドラゴンを呼ぶ笛」「ドラゴン・目覚めの旋律」「ドラゴン・復活の狂奏」のいずれか1枚を手札に加える。

手札融合を考えない限りは「ドラゴンの支配者」の代わりとして役立ちます。

ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの独裁者-

★4 闇属性 魔法使い族
攻撃力1200 守備力1100

  • このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:手札・デッキから「青眼の白龍」1体を墓地へ送って発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
  • ②:手札から「青眼の白龍」1体またはそのカード名が記されたカード1枚を捨て、自分の墓地の「ブルーアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
  • ③:自分フィールドに「ブルーアイズ」モンスターが存在する限り、相手モンスターの攻撃対象は自分が選択する。

「青眼」デッキに入れるスペースがあるかわかりませんが「青き眼の乙女」を攻撃対象にできます。

スポンサーリンク

サポート

モンスター サポート

竜魔人 キングドラグーン

★7 闇属性 ドラゴン族
攻撃力2400 守備力1100

  • 「ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-」+「神竜 ラグナロク」
  • このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手はドラゴン族モンスターを魔法・罠・モンスターの効果の対象にする事はできない。
  • 1ターンに1度だけ、手札からドラゴン族モンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

攻撃力が低いので使い捨てが前提で、蘇生カードとともにこのカードの効果で手札から特殊召喚したモンスターでシンクロ・エクシーズ召喚ができるようにしましょう。

神竜 ラグナロク

★4 光属性 ドラゴン族
攻撃力1500 守備力1000

  • 神の使いと言い伝えられている伝説の竜。その怒りに触れた時、世界は海に沈むと言われている。

「サモンプリースト」「予想GUY」によってデッキから特殊召喚して融合しましょう。

ドラゴンを呼ぶ笛

通常魔法

  • ①:手札からドラゴン族モンスターを2体まで特殊召喚する。
  • この効果はフィールドに「ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-」が存在する場合に発動と処理ができる。

ドラゴン族デッキで採用可能。

「ドラゴンの支配者」が2種類おり「ドラゴンの統制者」の効果でサーチができるので扱いやすくなりました。

まとめ

★4・闇属性・魔法使い族とサポートカードが多いためスペースがあるようなら採用も検討でき「ロード・オブ・ドラゴン」を主とした「青眼」デッキも作れるかと思います。

更新は遅れますが、ここに含まれていないものがありましたら、修正しますのでコメントお願いします。

リンク先など間違っていたり、エラーが出るようでしたらこちらにコメントお願いします。

とくにアマゾン・楽天のリンク先にカードの表示がないようであれば、修正しますのでこちらにコメントお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました