キーワード別
魔法
ドロー

遊戯王 癖ドローカード(魔法)た~わ 一覧

スポンサーリンク
この記事は約17分で読めます。

癖ドローソース
(魔法)

このカードについて紹介していきます。

スポンサーリンク

    な     

置換融合

通常魔法

  • このカードのカード名はルール上「融合」として扱う。
  • ①:自分フィールドから融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
  • ②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の融合モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをエクストラデッキに戻す。
  • その後、自分はデッキから1枚ドローする。

融合モンスターを採用していれば採用可。

「簡易融合」で特殊召喚できるモンスターなどを戻します。

注意:融合として扱うため、このカード1枚と融合3枚は不可。

このカードが1枚の場合、融合は2枚しか入れられません。

超進化の繭

速攻魔法

  • このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:装備カードを装備した自分・相手フィールドの昆虫族モンスター1体をリリースし、デッキから昆虫族モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。
  • ②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の昆虫族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをデッキに加えてシャッフルする。
  • その後、自分はデッキから1枚ドローする。

昆虫族デッキに採用可能。

「代打バッタ」などの再利用に使えます。

ツッパリーチ

フィールド魔法

  • ①:自分ドローフェイズに通常のドローをした時、そのカード1枚を相手に見せて発動できる。そのカードをデッキの一番下に戻し、自分はデッキから1枚ドローする。
  • ②:自分が効果でカードをドローした時、そのカード1枚を相手に見せて発動できる。このカードを墓地へ送り、見せたカードをデッキの一番下に戻し、自分はデッキから1枚ドローする。

ドローフェイズ時に残っていれば、3枚のカードの中から選べられるとも考えられますが、効果の使いどころやドローフェイズまでもたないなど考えさせられます。

帝王の轟毅

速攻魔法

  • ①:自分フィールドのレベル5以上の通常召喚された表側表示モンスター1体をリリースし、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
  • その後、自分はデッキから1枚ドローする。
  • ②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、属性を1つ宣言して発動できる。フィールドの全ての表側表示モンスターは、ターン終了時まで宣言した属性になる。

アドバンス召喚(生贄召喚)をするか「死皇帝の陵墓」を使いましょう。

デュアルスパーク

速攻魔法

  • ①:自分フィールドの表側表示のレベル4のデュアルモンスター1体をリリースし、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、自分はデッキから1枚ドローする。

デュアルデッキで採用可能。

ドローカードとしてでなく破壊カードとしての採用。

デンジャラスマシン TYPE-6

永続魔法

  • 自分のスタンバイフェイズ毎にサイコロを1回振る。出た目の効果を適用する。
  • 1・自分は手札を1枚捨てる。
  • 2・相手は手札を1枚捨てる。
  • 3・自分はカードを1枚ドローする。
  • 4・相手はカードを1枚ドローする。
  • 5・相手フィールド上モンスター1体を破壊する。
  • 6・このカードを破壊する。

ランダムすぎてドローできるかわかりません。

ドレミコード・エレガンス

通常魔法

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
    ●デッキから「ドレミコード」Pモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。
    ●手札から「ドレミコード」Pモンスター1体を選び、EXデッキに表側表示で加える。その後、デッキからPスケールが奇数と偶数の「ドレミコード」Pモンスターを1体ずつ選び、自分のPゾーンに置く。
    ●自分のPゾーンからPスケールが奇数と偶数のカードを1枚ずつ持ち主のEXデッキに表側表示で加え、自分はデッキから2枚ドローする。

ペンデュラムデッキで採用可能。

「クリフォート」などの特殊召喚に制限がついてしまうものなどの対策に使えます。

ドロー・マッスル

速攻魔法

  • 「ドロー・マッスル」は1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:自分フィールドの守備力1000以下の表側守備表示モンスター1体を対象として発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。そのモンスターはこのターン戦闘では破壊されない。

リンクデッキでは使いづらいですが、ドローしつつこのターンをしのげます。

ドン・サウザンドの契約

永続魔法

  • 「ドン・サウザンドの契約」は1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:このカードの発動時の効果処理として、お互いのプレイヤーは1000LPを失い、それぞれデッキから1枚ドローする。
  • ②:お互いのプレイヤーは、このカードが魔法&罠ゾーンに存在する間にドローしたカード及び、このカードの①の効果でドローしたカードを公開し続ける。
  • ③:このカードの効果で手札の魔法カードを公開しているプレイヤーは、モンスターを通常召喚できない。

魔法、罠カードで構成されたデッキなら多数採用可。

 

スポンサーリンク

    な     

バウンドリンク

速攻魔法

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:自分のフィールド・墓地のリンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、そのリンクマーカーの数だけ、自分はデッキからドローする。
  • その後、ドローした数だけ手札を選んで好きな順番でデッキの下に戻す。

自分のリンクモンスターのコントロールが奪われそうになったときになどに発動するのもよいでしょう。

奪われるくらいならデッキに戻ってくれる方がいいです。

手札が0枚の時に使うのは避けたいです、4枚ひいて4枚デッキ下に戻すことになるので、キーカードがデッキ下にいってしまう可能性があります。

ブレイク・ドロー

装備魔法

  • 機械族モンスターにのみ装備可能。装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。
  • このカードは発動後3回目の自分のエンドフェイズ時に破壊される。

機械族が入っているデッキには採用可能。

ターン制限が掛かっていないので、攻撃を強制するカードとともに採用することで、大量ドローを狙えます。

星の金貨

通常魔法

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:自分の手札を2枚選んで相手の手札に加える。
  • その後、自分はデッキから2枚ドローする。

そこまでしてドローしたいかどうかが判断材料です。

  • このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに「ホーリーナイツ」モンスターまたはドラゴン族・光属性・レベル7モンスター1体を召喚できる。
  • ②:自分ターンに、自分フィールドの表側表示のドラゴン族・光属性・レベル7モンスターが手札に戻った場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

光属性・ドラゴン族・★7のモンスターは16種類います。(※2021年7月)

「ホーリーナイツ」なければドローは難しいかと思います。

スポンサーリンク

    な     

魔法族の結界

永続魔法

  • ①:フィールドの表側表示の魔法使い族モンスターが破壊される度にこのカードに魔力カウンターを1つ置く(最大4つまで)。
  • ②:魔力カウンターが置かれているこのカードと自分フィールドの表側表示の魔法使い族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードに置かれていた魔力カウンターの数だけ、自分はデッキからドローする。

魔法使い族デッキになら採用可能。

「ブラックホール」などによって、1度に複数のモンスターが破壊されてもカウントは1つしか増えません。また裏守備モンスターを効果破壊してもカウントされません。

ミラクルシンクロフュージョン

通常魔法

  • ①:自分のフィールド・墓地から、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、Sモンスターを融合素材とするその融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
  • ②:セットされたこのカードが相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。自分はデッキから1枚ドローする。

「アーティファクトの解放」と比べれば、採用しやすいです。

無の煉獄

通常魔法

  • 自分の手札が3枚以上の場合に発動できる。自分のデッキからカードを1枚ドローし、このターンのエンドフェイズ時に自分の手札を全て捨てる。

発動条件はともかく、モンスターが比較的多いデッキではすべて墓地へいってしまうため、墓地で発動する効果モンスターとの併用を考えましょう。

錬装融合

通常魔法

  • このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分の手札・フィールドから、「メタルフォーゼ」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
  • ②:このカードが墓地に存在する場合に発動できる。墓地のこのカードをデッキに加えてシャッフルする。
  • その後、自分はデッキから1枚ドローする。

手札コストの多いデッキでの採用を推奨。

モンスター回収

通常魔法

  • 元々の持ち主が自分となる、自分フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターと自分の手札を全てデッキに加えてシャッフルする。
  • その後、元の手札の枚数分だけデッキからカードをドローする。元々の持ち主が相手となるカードが自分の手札にある場合、このカードは発動できない。

デッキから特殊召喚することで、効果を発動するモンスターをデッキに戻したい場合に使用できます。

モンスター・スロット

通常魔法

  • 自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、選択したモンスターと同じレベルの自分の墓地に存在するモンスター1体を選択してゲームから除外する。
  • その後、自分のデッキからカードを1枚ドローする。この効果でドローしたカードをお互いに確認し、選択したモンスターと同じレベルのモンスターだった場合、そのモンスターを特殊召喚する。

同じ★のモンスターを多く採用していれば発動しやすいです。

手札に置いておきたいカードが対象にしたモンスターと同じ★の場合、強制的に特殊召喚しなければならないのがデメリットです。

スポンサーリンク

    な     

与奪の首飾り

装備魔法

  • 自分フィールド上の装備モンスターが戦闘によって破壊されこのカードが墓地に送られた時、次の効果から1つを選択して発動する。
  • デッキからカードを1枚ドローする。
  • 相手の手札をランダムに1枚墓地に捨てる。

幸運の鉄斧と違い、装備されたモンスターが戦闘で破壊される必要があるので、幸運の鉄斧と比べれば発動しやすいです。

スポンサーリンク

    な     

RUM-ゼアル・フォース

通常魔法

  • このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
  • ①:自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。その自分のモンスターよりランクが1つ高い、「希望皇ホープ」モンスターまたは「ZW」モンスター1体を、対象のモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚し、デッキから「ZW」モンスターまたは「ZS」モンスター1体を選んでデッキの一番上に置く。
  • ②:自分のLPが相手より2000以上少ない場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

「錬装融合」との差別化、用途によって使い分けましょう。

リロード

速攻魔法

  • 自分の手札を全てデッキに加えてシャッフルする。
  • その後、デッキに加えた枚数分のカードをドローする。

打ち出の小槌の自由がなくなったカードです。

いらないカード以外のカードも戻してしまうため、優勢でなくなる場合もあります。

手札破壊効果に対して、使うことで墓地にいってほしくないカードを回避できます。

リンク・バースト

通常魔法

  • このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
  • ①:自分フィールドのリンクモンスター1体と、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。
  • その後、自分はデッキから1枚ドローする。

リンクデッキで採用可能。

先攻ターンでは、まず使うことができず、リンクモンスターを破壊してまでドローがしたいのかと問いたい。

スポンサーリンク

    な     

ワンショット・ワンド

装備魔法

  • 魔法使い族モンスターにのみ装備可能。
  • 装備モンスターの攻撃力は800ポイントアップする。
  • 装備モンスターが戦闘を行ったダメージ計算後、このカードを破壊してデッキからカードを1枚ドローできる。

魔法使い族が入っていれば採用可能。

装備モンスターが戦闘を行えば、装備モンスターが戦闘破壊されても、ダメージが0でも効果を発動することができます。

まとめ

扱いやすくても、発動までに条件があるものを癖として紹介してます。

更新は遅れますが、ここに含まれていないものがありましたら、修正しますのでコメントお願いします。

リンク先など間違っていたり、エラーが出るようでしたらこちらにコメントお願いします。

とくにアマゾン・楽天のリンク先にカードの表示がないようであれば、修正しますのでこちらにコメントお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました